メニューの終端です。

婚姻届

[2017年10月5日]

結婚するとき

戸籍は、日本国民の親族的な身分関係を登録し公証する公文書です。

必要なもの

  • 婚姻届書 1通
  • 結婚する本人の印鑑(スタンプは不可)
  • 戸籍全部事項証明(戸籍謄本) 1通
    ※届書を提出する役所に本籍のない人
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 本人確認のための顔写真付き官公署発行証明書類等(運転免許証、パスポート等)
  • 婚姻により氏が変わる人のマイナンバーカードもしくはマイナンバー通知カード

届出先

  • 夫または妻の本籍地もしくは住所地(所在地)の市区町村役場
  • 古河市の場合は、総和庁舎市民総合窓口課、古河庁舎市民総合窓口室、三和庁舎市民総合窓口室となります。

注意事項

  • 届け出をした日から法律的に夫婦になります。
  • 婚姻届には夫、妻の署名・押印、および成人の証人2人の署名・押印が必要です。
  • 婚姻できるのは、男性は18歳から、女性は16歳からです。ただし、未成年の婚姻は父母の同意が必要です。
  • 住所が変わる場合は、住民異動届も提出してください。
  • 国際結婚の場合は、必要書類が変わりますので下記へお問合わせください。

お問い合わせ

【総和庁舎(本庁)】市民総合窓口課 電話0280-92-3111(代表)
【古河庁舎】古河庁舎市民総合窓口室 電話0280-22-5111(代表)
【三和庁舎】三和庁舎市民総合窓口室 電話0280-76-1511(代表)

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 生活安全部市民総合窓口課

電話: 0280-92-3111(総和庁舎・代表) ファクス: 0280-92-3247

お問い合わせフォーム