メニューの終端です。

固定資産の評価

[2017年7月31日]

固定資産の評価

 固定資産の評価は、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて行われます。

 土地と家屋は、原則として、基準年度(3年ごと)に評価替えを行い、賦課期日(1月1日)の時点における価格(評価額)が固定資産課税台帳に登録されます。

 償却資産は、毎年、賦課期日(1月1日)の時点における償却資産の状況を1月31日までに申告していただき、申告された内容に基づいて価格(評価額)を決定します。

 ただし、次のような場合は新たに固定資産の評価を行い、価格(評価額)を決定します。

イ 土地、家屋が新たに固定資産税の課税対象になった場合

ロ 土地の現況地目や使用状況が変更された場合

ハ 家屋を新築、増改築などした場合

固定資産の現況確認と家屋調査

 新たに固定資産の評価を行う場合には、固定資産の価格(評価額)を正確に算定するため、固定資産の現況確認や家屋調査を行う必要があります。

 次のような場合には、固定資産税担当の職員が、現況確認や家屋調査にお伺いしますので、必ず市役所にご連絡ください。

イ 土地の現況地目や使用状況が変更された場合

ロ 家屋を新築、増改築した場合

ハ 家屋を取り壊した場合

 詳しくは、資産税課に問い合わせてください。

 家屋を新築、増改築された人は、「課税対象となる家屋について」「家屋調査について」のページも、あわせてご覧ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 財政部資産税課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-5568

お問い合わせフォーム