メニューの終端です。

出産子育て奨励金

[2017年10月13日]

 出産子育て奨励金制度は、第3子以上を出産した人を対象に、子育ての費用の支援を行い、経済的負担を軽減させることで、急速な少子化に歯止めをかけることを目的に奨励金が支給される古河市独自の事業です。

 該当すると思われる人は、下記に注意して申請してください。

対象者

次の1~4の全てに該当する人

  1. 第3子以上の児童(対象児童)の父または母が、対象児童の出生日前1年以上の間および出生日以後も継続して古河市に住民登録している人
  2. 対象児童の他に、すでに2人以上の児童(18歳をむかえた日以後の最初の3月31日までの人)を養育している人
  3. 対象児童を出産し、父母が養育・監護している
  4. 市税(注1)を滞納していない(納期が到来しているものは全て納付が済んでいる)
    ※古河市から転出された場合、奨励金は支給されません。また、生活保護世帯、婚姻によらない出産、死産、父母が離婚した場合などは対象となりません。

支給金額

対象児童1人につき30万円
 0歳時 10万円
 1歳時 10万円
 2歳時 10万円
 ※3回に分けての支給で、毎回申請が必要です。

申請者

父または母

手続期限

0歳時の手続は、対象児童の満1歳の誕生日の前日までに行ってください。

1歳時および2歳時の手続は、それぞれ対象児童の誕生日後1カ月以内に行ってください。

※期限を過ぎますと奨励金は支給されませんので、期限内に必ず手続きしてください。

必要書類

申請ごとに必要です
  1. 戸籍謄本
    ※児童が外国人の場合は、出生届受理証明書・出生届記載事項証明書・出生証明書(和訳付)のいずれか
  2. 申請者の預金通帳(ゆうちょ銀行を指定するときは、機関コード9900、支店コード3桁が登録されているものに限ります)
    ※申請者以外の通帳には振り込むことができません。
  3. 印鑑

受付時間

午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

毎週木曜日は午後7時まで(総和庁舎 子ども福祉課のみ)

受付場所

【総和庁舎】子ども福祉課
【古河庁舎】市民総合窓口室
【三和庁舎】市民総合窓口室


(注1)市税とは、市民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税の4種税目です。
 なお、市税に滞納がある場合、奨励金は支給されません。
 ※申請日の直前に市税を納付した場合は、支払ったことがわかるもの(領収書等)をお持ちください。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 健康福祉部子ども福祉課

電話: 0280-92-3111(総和庁舎・代表) ファクス: 0280-92-3170

お問い合わせフォーム