メニューの終端です。

自立支援医療の申請

[2013年12月9日]

自立支援医療(精神通院)

概要

精神疾患の治療のために医療機関に通院する場合に、医療費の自己負担分の一部を公費で負担する制度です。(入院医療費は対象になりません)

対象者

以下の精神疾患のある人

対象となる精神疾患

  • 病状性を含む器質性精神障害
  • 精神作用物質使用による精神および行動の障害
  • 統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害
  • 気分障害
  • てんかん
  • 神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害
  • 生理的障害および身体的要因に関連した行動症候群
  • 成人の人格および行動の障害
  • 精神遅滞
  • 心理的発達の障害
  • 小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害

自立支援医療(更生医療)

概要

18歳以上の身体障害者手帳を所持している人で、手術等の治療によって確実な治療効果が期待できる人に対して提供される、更生のために必要な自立支援医療費の支給を行うものです。

対象者

以下の障がいのある人

対象となる障害と標準的な治療の例

  • 視覚障害…白内障→水晶体摘出手術等
  • 聴覚障害…鼓膜穿孔→穿孔閉鎖術等
  • 言語障害…外傷性または手術後に生じる発音構語障害→形成術等
  • 肢体不自由…関節拘縮、関節硬直→形成術等
  • 内部障害
    <心臓> 先天性疾患→弁口、心室心房中隔に対する手術等
    <腎臓> 腎臓機能障害→人工透析療法等
    <肝臓> 肝臓機能障害→肝臓移植術(抗免疫療法を含む)
    <小腸> 小腸機能障害→中心静脈栄養法
    <免疫> HIVによる免疫機能障害→抗HIV療法等

自立支援医療(育成医療)

概要

18歳未満の身体に障がいのある児童、またはそのまま放置すると将来障がいを残すと認められる疾患がある児童で、手術等の治療により確実な治療効果が期待できる児童を対象に必要な自立支援医療費の支給を行うものです。

対象者

以下の障がいのある人
※更生医療と違い、身体障害者手帳を所持する必要はありません。

対象となる障害と標準的な治療の例

  • 視覚障害…白内障→水晶体摘出手術等
  • 聴覚障害…鼓膜穿孔→穿孔閉鎖術等
  • 言語障害…外傷性または手術後に生じる発音構語障害→形成術等
  • 肢体不自由…関節拘縮、関節硬直→形成術等
  • 内部障害
    <心臓> 先天性疾患→弁口、心室心房中隔に対する手術等
    <腎臓> 腎臓機能障害→人工透析療法等
    <肝臓> 肝臓機能障害→肝臓移植術(抗免疫療法を含む)
    <小腸> 小腸機能障害→中心静脈栄養法
    <免疫> HIVによる免疫機能障害→抗HIV療法等

 

※育成医療については、平成25年4月1日から申請窓口が事務の権限移譲に伴い県(古河保健所)から古河市に変わりました。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 健康福祉部障がい福祉課

電話: 0280-92-4919(直通・健康の駅) ファクス: 0280-92-5544

お問い合わせフォーム


自立支援医療の申請への別ルート