メニューの終端です。

手当の支給

[2017年4月27日]

※それぞれに所得制限があります。また、請求しない限り支給されません。

特別障害者手当

対象者

精神または身体に著しく重度の障がいがあるため、日常生活において常時特別の介護を必要とする在宅の20歳以上の人に対し手当を支給します。

手当額

1人につき月額26,810円(平成29年4月分から)

支給制限

障がいのある人が、次のいずれかに該当する場合は受給する資格がありません。

  • 施設等に入所しているとき
  • 病院または診療所(老人保健施設を含む)に継続して3か月以上入院しているとき

※本人、その配偶者または扶養義務者の前年の所得が、それぞれ一定額以上ある場合は、手当の支給が停止されます。

障害児福祉手当

対象者

精神または身体に重度の障がいがあるため、日常生活において常時介護を必要とする在宅の20歳未満の人に対し手当を支給します。

手当額

1人につき月額14,580円(平成29年4月分から)

支給制限

障がいのある人が、次のいずれかに該当する場合は受給する資格がありません。

  • 障がいによる公的年金を受けることができるとき
  • 児童福祉施設等に入所しているとき

※本人、その配偶者または扶養義務者の前年の所得が、それぞれ一定額以上ある場合は、手当の支給が停止されます。

特別児童扶養手当

受給資格

身体障害者手帳のおおむね1~3級、あるいは療育手帳(A)~B程度の障がいをもつ児童(20歳未満)を養育している人に対し手当を支給します。

手当額

  • 障害等級1級・2級・(A)・A程度
     対象児童1人につき月額51,450円(平成29年4月分から)
  • 障害等級3級(一部4級含む)・おおむねB
     対象児童1人につき月額34,270円(平成29年4月分から)

在宅心身障害児福祉手当

受給資格

身体障害者手帳のおおむね1~3級、あるいは療育手帳~B程度の障がいをもつ児童(20歳未満)を養育している人に対し手当を支給します。
なお、障害児福祉手当との併給はできません。

手当額

1人につき月額3,000円

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 健康福祉部障がい福祉課

電話: 0280-92-4919(直通・健康の駅) ファクス: 0280-92-5544

お問い合わせフォーム