メニューの終端です。

農業集落排水使用料

[2014年5月1日]

 排水設備を整備し農業集落排水に接続すると、流した汚水量に応じて農業集落排水使用料を納めていただくことになります。農業集落排水使用料は、農業集落排水処理施設の管理や清掃、修理などの一部に充てられます。

農業集落排水使用水量の算定方法

水道水(上水道)のみを使用している場合(検針水量)

水道のメーター検針の使用水量がそのまま農業集落排水の汚水量になります。

水道水以外(井戸水等)を使用している場合(認定水量)

1カ月あたりの基準水量(1人あたり6立方メートル)に世帯人数を乗じて算出します。
※たとえば、5人家族の場合…5人×6立方メートル=30立方メートル

水道水と井戸水等を併用して使用している場合(比較認定)

「水道水の検針水量」と「井戸水等の認定水量」を比較して、多い方の水量で算定します。

 ※お願い 井戸水ご使用のお客さまにつきましては、「人数の変更」「井戸水の使用中止」等変更があった場合は、使用水量の算定が変わりますので、速やかに農集排整備課までご連絡ください。

使用者、給水方法、世帯人員、用途の内容を変更するときはこちら

農業集落排水使用料の計算方法

農業集落排水使用料 ※平成26年6月請求分から

  • 基本料金
     汚水量10立方メートルまで 1,404円
  • 超過料金(1立方メートルにつき)
     汚水量11立方メートルから30立方メートルまで 172円80銭
     汚水量31立方メートルから100立方メートルまで 194円40銭
     汚水量101立方メートル以上 216円

※農業集落排水使用料金の計算例

1カ月30立方メートルを使用した場合

  • 基本料金
     10立方メートルまで 1,404円
  • 超過料金
     11立方メートルから30立方メートルまでの20立方メートル(20立方メートル×172円80銭) 3,456円
  • 使用料金合計
     4,860円

農業集落排水使用料のお支払方法

  • 上水道を使用しているお客様は、水道料金と併せて毎月請求させていただきます。
  • 上水道を使用していないお客様につきましては、平成21年4月より上下水道システム統合によりシステムの都合上、「上下水道料金」と記載されておりますが、内容は農業集落排水使用料のみで請求しております。ご不便をおかけしますがご理解くださいますようよろしくお願いします。
  • お支払方法は、口座振替または納付書でお支払いいただきます。
    安全性が高く便利な口座振替のご利用をおすすめします。

取扱金融機関

  • 常陽銀行
  • 足利銀行
  • 筑波銀行
  • みずほ銀行
  • 栃木銀行
  • 東日本銀行
  • 茨城県信用組合
  • 中央労働金庫
  • 結城信用金庫
  • 茨城むつみ農業共同組合
  • 小山農業協同組合
  • ゆうちょ銀行

※ただし、小山農業協同組合、ゆうちょ銀行では、納入通知書による窓口でのお支払いはできません。

口座振替の手続きは、通帳(口座番号がわかるもの)、通帳の印鑑を持参して、上記の取扱金融機関の窓口へ届け出してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 上下水道部下水道管理課

電話: 0280-76-1511(三和庁舎・代表) ファクス: 0280-77-1512

お問い合わせフォーム


農業集落排水使用料への別ルート