メニューの終端です。

古河市と雪華(せっか)

[2013年10月11日]

「雪華(せっか)」と古河市の関係についてご説明します。

雪の殿さま土井利位

 江戸時代末の天保3(1832)年、下総国古河(現・茨城県古河市)の藩主・土井大炊頭利位(どい おおいのかみ としつら1789~1848)は、20年にわたり観察した雪の結晶を「雪華(せっか)」と名付け、その成果である86種の結晶スケッチを収録する『雪華図説』を刊行しました。

 天保11(1840)年に97種を収録して刊行される続編とともに、日本最初の雪の自然科学書として高い評価を得ています。

土井利位(どいとしつら)画像

土井利位画像 正定寺蔵

観察方法

『雪華図説』本文に記されている観察方法は、次のようになります。
  1. 雪が降りそうな寒い夜、あらかじめ黒地の布を外にさらして冷却。
  2. 舞い落ちる雪を、その布で受ける。
  3. かたちを崩さぬよう注意して、ピンセットで取り黒い漆器の中に入れる。
  4. 吐息のかからぬよう「蘭鏡(顕微鏡)」で観察する。
雪華観察の再現模型

雪華観察の再現模型

雪華図説(せっかずせつ) 土井利位著

雪華図説(せっかずせつ) 土井利位著

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 文化局生涯学習課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-7114

お問い合わせフォーム