メニューの終端です。

都市計画決定

[2013年10月11日]

 都市計画決定とは、都市計画法に基づく一定の手続きにより将来のまちづくりに必要な、用途地域や道路、公園などの都市施設等の都市計画を決定することです。広域的・根幹的な都市計画については都道府県が、身近な都市計画は市町村が決定するものとされています。

 古河市が都市計画を決定する場合は、原則として古河市都市計画審議会の議を経た後、茨城県知事の同意を得て、決定します。

 都市計画の決定手続きにおいては、都市計画の案を作成する場合に、必要があると認めるときは、公聴会、説明会の開催等市民の意見を反映させるため、必要ような措置を講ずるものとされています。

 また、都市計画の案を作成した場合には、案を公告・縦覧しなければなりません。市民等は、縦覧された都市計画案について意見書を提出することができます。

古河市が定める都市計画決定手続きの流れ

  1. 都市計画法 都市計画素案の作成(住民等)
  2. 16条1項 説明会
  3. 素案の閲覧(公述の申出)
  4. 16条1項 公聴会(意見の公述)
  5. 17条1項 案の公告・縦覧(17条2項 意見書の提出)
  6. 19条1項 市都市計画審議会
  7. 19条3項 知事協議
  8. 20条1項 決定告示
  9. 20条2項 図書の永久縦覧

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 都市建設部都市計画課

電話: 0280-76-1511(三和庁舎・代表)

お問い合わせフォーム


都市計画決定への別ルート