メニューの終端です。

後期高齢者医療制度5

[2013年9月26日]

平成20年4月1日から、従来の老人保健制度が後期高齢者医療制度に移行されました。

後期高齢者医療制度財政構成

後期高齢者の方が病院にかかられたときの医療費などに充てるため、全体の医療費から皆さんが病院窓口でお支払される自己負担額(患者負担)を除いた額の1割を、保険料として納めていただきます。また、残りの9割の部分については、公費(5割)、後期高齢者支援金(約4割)が財源となります。

後期高齢者医療制度財政構成

茨城県後期高齢者医療広域連合の組織と市町村との連携

後期高齢者医療制度全体の財政を運営する組織の茨城県後期高齢者医療広域連合は、県内全ての市町村が加入し、後期高齢者医療に関する事務を広域にわたり処理するための「特別地方公共団体」です。後期高齢者の方の各種申請等の窓口取扱いは、市町村が行います。

茨城県後期高齢者医療広域連合のホームページへリンク

老人保健制度と後期高齢者医療制度の比較

  • 老人保健制度(平成20年3月31日まで)
  • 後期高齢者医療制度(平成20年4月1日から)

運営主体

  • 老人保健制度
     市町村
  • 後期高齢者医療制度
     広域連合

対象者(被保険者)

  • 老人保健制度
     75歳以上の方(一定の障害のある方は65歳以上の方)
  • 後期高齢者医療制度
     変わりません。

対象となる時期

  • 老人保健制度
     75歳の誕生日を迎えた翌月(誕生日が1日の方はその月)
  • 後期高齢者医療制度
     75歳の誕生日当日

自己負担割合

  • 老人保健制度
     1割負担(現役並み所得者は3割)
  • 後期高齢者医療制度
     変わりません。

保険証(被保険者証)

  • 老人保健制度
     「各医療保険制度の被保険者証」と「老人保健法医療受給者証」の2枚が必要
  • 後期高齢者医療制度
     「広域連合が発行する被保険者証」の1枚が必要

保険料

  • 老人保健制度
     老人保健制度での保険料は発生せず、各医療保険制度の保険料を負担します
  • 後期高齢者医療制度
     後期高齢者医療制度の保険料を負担します。

取扱い窓口

  • 老人保健制度
     住所を移転したときなどの届出の窓口は市町村が行います
  • 後期高齢者医療制度
     変わりません。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 生活安全部国保年金課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-5288

お問い合わせフォーム


後期高齢者医療制度5への別ルート