メニューの終端です。

被保険者となる方

[2016年4月1日]

平成20年4月1日から、従来の老人保健制度が後期高齢者医療制度に移行されました。

被保険者となるかた

75歳以上のかた

・全員被保険者です。(75歳の誕生日から被保険者となります。)
・75歳となる前月中旬頃に被保険者証交付のお知らせを郵送し、後期高齢者医療被保険者証を窓口にて交付いたします。誕生日を迎える前日までに、交付の手続きを行っていただきます。

 

広域連合の認定を受けた次の障がいがある65歳以上75歳未満のかた ※1・2

・身体障害者手帳3級以上または4級の次のいずれかに該当する障がい
 1.音声言語機能の著しい障がい
 2.両下肢の全ての指を欠く
 3.下肢の下腿1/2以上欠く
 4.下肢の機能の著しい障がい

  • 国民年金法における障害年金1級または2級
  • 精神障害者保健福祉手帳1級または2級
  • 療育手帳マルAまたはA

※1 一定の障がいを有し65歳に達した方、または新たに一定の障がいの認定を受けた65歳以上75歳未満の方については、障がい認定申請を行い、その認定を受けると、後期高齢者医療制度へ加入することができます。

※2 医療福祉費支給制度(マル福)の受給資格(高齢重度障害者)認定条件は、後期高齢者医療制度の加入が要件となります

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 生活安全部国保年金課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-5288

お問い合わせフォーム


被保険者となる方への別ルート