メニューの終端です。

第1次古河市総合計画前期計画策定方針

[2013年9月27日]

1 計画策定の趣旨

平成17年9月12日に、古河市、総和町、三和町が合併し、新生「古河市」が誕生しました。古河市は、将来に向けて魅力ある県西地域の形成を先導する中心 都市としての役割が期待されており、少子高齢化や国際化、情報化などの急速な社会情勢の変化へ適切に対応しながら、地方分権社会をリードする自主的・自立 的な都市として発展していくことが重要な課題となっています。
そのため、旧3市町の速やかな一体化が求められており、古河市がもつ風土、地域性を活かしながら市政運営の基本的な指針となる計画を策定することにより、 複雑な社会情勢の変化と多様化する市民ニーズに迅速かつ適切に対応できるよう、先進的で分かりやすく親しみやすい計画づくりを目指します。

2 計画策定にあたっての考え方

計画の策定にあたっては、策定の背景となる社会状況と計画策定の視点を次のとおり把握しつつ策定を進めます。

(1)社会状況の把握

ア.少子高齢・人口減少社会

イ.成熟化経済への移行

ウ.情報化社会の進展

エ.市民ニーズの多様化

オ.地方分権社会と自治体間の競争

カ.地球環境問題の深刻化

(2)計画策定の視点

ア.市民参画の推進
市民からの意見収集にあたっては、広くかつ平等に行うとともに、将来の古河市を担う世代からも意見を取り入れる。また、市民が意見を述べる機会は、検討段階から設ける。

イ.新市にふさわしい独自性の高い施策の設定
古河市が抱える課題を明らかにし、自治体間の競争が進む中において、古河市の独自性を発揮できる、新市にふさわしい躍動感がある施策とともに、古河市の一体化を促進する施策を設定する。

ウ.目標数値の導入
数量を用いた目標を設定するなど評価しやすいものとする。

エ.財政健全化についての検討
施策の設定には、財政的課題を考慮するとともに、財政の健全化について記入する。財政に係る計画期間など計画のあり方については、策定過程の中で検討していくものとする。

オ.わかりやすく親しみやすい計画の作成
分かりやすく、かつ市民に親しみやすい計画とする。また、策定した計画を市民に広く周知する。

3 計画の概要

(1)計画の全体構成

計画の構成は、基本構想・基本計画・実施計画で構成します。

(2)計画の期間

ア.基本構想
計画期間10年(平成19年度~28年度)
市が目指すべき将来像およびこれを達成するための施策の大綱

イ.基本計画
計画期間5年(平成19年度~23年度)
基本構想に基づいた分野別の施策

ウ.実施計画
計画期間3年(毎年向こう3年間の計画を定める。ローリング方式により、見直し、更新する)
基本計画に基づいた事業にかかわる年次計画とその財政的裏づけとする。また毎年度の予算編成の指針とする。

4 策定体制

(1)市民参画

ア.古河市民まちづくり委員会の設置・運営
公募等による委員で構成する市民会議を設置し、市民の目線からの意見を収集します。概ね半年程度の活動を予定しています。

イ.パブリックコメントの聴取
広範な市民の意見を収集するために、計画の素案を広報・ホームページなどで公表し、多くの市民が参加できるよう意見提出には、さまざまな手段を用意します。

ウ.市民参加企画の開催
小中学生を対象とした絵画・作文募集等を通じて、幅広い世代の多くの市民に計画への参加を図ります。

(2)審議会の設置・運営

古河市総合計画審議会条例および古河市総合計画審議会規則に基づき、審議会を設置し、専門的な見地から計画について審議いただきます。

(3)庁内策定体制

ア.総合計画策定委員会の設置
進展する社会経済情勢に対処しつつ、将来の市のあり方を検討し、長期的視野にたって総合計画を定めるため、委員会を設置します。委員会は助役を委員長とし、市長を除く庁議構成員で構成し、総合計画の策定に関することについて審議いただきます。

イ.ワーキングチームの設置
策定委員会の作業部門として設置し、資料の収集、調査、分析、総合計画案の策定等を所掌します。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ウ.事務局
事務局は、総合政策部企画政策課とします。

(4)情報公開

広報での特集や、ホームページで迅速かつ正確に情報を公開します。

5 基礎調査

計画策定の資料として、市民意識調査および既存の計画の成果等について調査し、整理します。

(1)市民意識調査

市民を対象に、市民意識・施策満足度等の調査を行い、基礎資料とします。

(2)既計画の成果等の整理

旧市町の総合計画など既存の計画の成果等について調査・整理し、ワーキングチーム等の基礎資料とします。

6 市建設計画その他個別計画との関係

(1)新市建設計画

新市建設計画は、合併による新生「古河市」の将来像やまちづくりの方向を明らかにするために策定されたものであり、当新市建設計画を尊重した上で、その趣旨や内容を活かしていきます。

(2)その他個別計画

各部署で策定した、または策定する予定の計画は、総合計画を上位計画とするものですので、個別計画を整理し、体系化するとともに、内容の整合を図ります。

7 策定スケジュール

平成19年3月までに基本構想・基本計画を策定することを目指します。

 

 ※ご意見をお寄せください。

お問い合わせ

〒306-0291 古河市下大野2248番地
 古河市総合政策部企画政策課
 電話:0280-92-3111(代表) ファクス:0280-92-9477
 E-mail:kikaku@city.ibaraki-koga.lg.jp

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 企画政策部企画課

電話: 0280-92-3111(総和庁舎・代表) ファクス: 0280-92-3088

お問い合わせフォーム


第1次古河市総合計画前期計画策定方針への別ルート