メニューの終端です。

療養病床入院時の「食費・居住費」の対象年齢の変更

[2016年4月5日]

平成20年4月から療養病床入院時の「食費・居住費」の負担対象年齢が70歳以上から65歳以上となります。65歳以上の人が療養病床に入院したときは、食費と居住費として、定められた標準負担額を負担します。

  • 一般(下記以外の人)
     食費(1食あたり) 460円(一部医療機関では420円)
     居住費(1日あたり) 320円
  • 住民税非課税世帯
     食費(1食あたり) 210円
     居住費(1日あたり) 320円
  • 低所得2
     食費(1食あたり) 210円
     居住費(1日あたり) 320円
  • 低所得1
     食費(1食あたり) 130円
     居住費(1日あたり) 320円

お問い合わせ

  • 古河庁舎
     国保年金課    電話0280-22-5111(代表)
  • 総和庁舎
     市民総合窓口課 電話0280-92-3111(代表)
  • 三和庁舎
     市民総合窓口室 電話0280-76-1511(代表)

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 生活安全部国保年金課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-5288

お問い合わせフォーム


療養病床入院時の「食費・居住費」の対象年齢の変更への別ルート