メニューの終端です。

消防団員の処遇(平成28年4月1日現在)

[2016年5月2日]

被服貸与

 新入団員には入団時に、消防活動に必要な被服(活動服、ゴム長靴等)が無償で貸与されます。

公務災害補償制度

 消防団員等公務災害補償等共済基金(消防基金)が行っている事業で、消防団員が、消防活動中に死亡したり病気や負傷をした場合、法令の規定によりその損害を補償します。

消防団員報酬

 その年度に属している階級の額が支給されます(年額)。

  • 団長 15万円
  • 副団長 13万円
  • 本部指導員 10万円
  • 分団長 9万円
  • 副分団長 7万5,000円
  • 班長 6万円
  • 団員 5万円

※課税の対象となりますので、税金(報酬額の3%程度)を差引いた額を支給します。

費用弁償

 防災活動や訓練などを行った際に支給されます。

  • 水火災害に出動したとき 1回1人につき4,000円(作業や時間により加算があります。) 
  • 訓練、会議など 1回1人につき2,000円

※階級による支給額の増減はありません。
※訓練・会議が同日に複数回行われた場合、いずれか一つの支給になります。

消防団員退職報償金

 退職後の生活を保障するために支給される一般の退職金とは性格が異なり、消防団員の労苦に対する慰労金としての性格を持つもので、その団員の在職年数や階級に応じて支給されます。
消防団員退職報償金
階級勤続年数
3年以上5年未満
勤続年数
5年以上10年未満
勤続年数
10年以上15年未満
勤続年数
15年以上20年未満
勤続年数
20年以上25年未満
勤続年数
25年以上30年未満
勤続年数
30年以上
団長18万5,000円23万9,000円34万4,000円45万9,000円59万4,000円77万9,000円97万9,000円
副団長および
本部指導員
16万5,000円22万9,000円32万9,000円42万9,000円53万4,000円70万9,000円90万9,000円
分団長15万5,000円21万9,000円31万8,000円41万3,000円

51万3,000円

65万9,000円84万9,000円
副分団長14万5,000円21万4,000円30万3,000円38万8,000円47万8,000円62万4,000円80万9,000円
班長13万円20万4,000円28万3,000円35万8,000円43万8,000円56万4,000円73万4,000円
団員12万6,000円20万円26万4,000円33万4,000円40万9,000円51万9,000円68万9,000円
※1年以上属した上級の階級で支給されます。
例:団員2年、班長1年の勤務後に退団=班長扱い(報償額13万円)

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 生活安全部防災交通課

電話: 0280-92-3111(総和庁舎・代表) ファクス: 0280-92-9596

お問い合わせフォーム


消防団員の処遇(平成28年4月1日現在)への別ルート