メニューの終端です。

オオキンケイギク(特定外来生物)の駆除について

[2013年10月4日]

6月は開花の盛り

 古河市内で、外来生物法に基づき特定外来生物に指定されている「オオキンケイギク(大金鶏菊)」(下の写真)が発見されています。繁殖力が強く、生態系に悪影響を与える恐れがあるとして、平成18年2月1日に「特定外来生物」に指定されました。
 特定外来生物に指定されたものは、日本の生態系に重大な影響を及ぼす恐れがあるため、栽培、運搬、販売、譲渡、野外に放つことなどが禁止されています。一般の家庭や畑に植えている場合も除草が必要です。手遅れになる前に駆除しましょう。

オオキンケイギクの特徴

  • 多年生草本
  • 高さ 30~70センチメートル
  • 花期 5月~7月ごろ
  • 直径 5~7センチメートルのオレンジがかった黄色の花をつける
オオキンケイギク

処理するときの注意

 根から引き抜き、種の飛散防止のため、直ちにビニール袋等に入れて厳重に密閉し、燃えるごみとして処分してください。

 

※特定外来生物について、詳しくは「環境省自然環境局の外来生物法」のホームページをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 生活安全部環境課

電話: 0280-76-1511(三和庁舎・代表) ファクス: 0280-76-1663

お問い合わせフォーム


オオキンケイギク(特定外来生物)の駆除についてへの別ルート