メニューの終端です。

【中学生英語圏派遣事業】生徒20人、ケアンズに行ってきました ~その1~

[2013年10月17日]

 8月16日(金曜日)から23日(金曜日)まで、7泊(機中1泊)8日の日程で、市内中学校9校の代表生徒20人と随行スタッフ4人が、オーストラリア連邦ケアンズ市に研修に行ってきました。
 今回は、初日のグループ行動について紹介します。

 わがグループ5人は、バーベキュー用のワニの肉を求めて、意気揚々と市内探索に出発です。素晴らしい天気にも恵まれました。

市内探索に出発

 買っているのは、いかにも南国的な香りのするアイスクリームです。早速、実践英会話です。
 英語よりも難しいコイン(小銭)の扱い。5、10、20、50セントのコインがあります。25セントがありません。ちなみに1セントもありません。値段は3.78ドルだったりするのですが…。

買い物の様子

▲「とりあえず紙幣を出しちゃえ」

 地元の子どもたちとバレーが始まりました。
 まだまだ英語より、ボールのほうが優れたコミュニケーションツールです。と、思っていたら、「Fire!!」と大声で叫びながらプレーしていたのは、うちの生徒でした。

地元の子どもたちとバレーボール
 肉の仕入れをすっかり忘れ、みんな大汗です。どうなるバーベキュー…。
 まだアイスしか食べてないのに、すでに午後2時過ぎ。
地元の子どもたちと撮影
 みんなで夕食後に撮った1枚。
 本当は、この公園で昼間にバーベキューをする予定だったわがグループ…。
 結局、ワニ肉の塊を購入することはできず、肉屋の隣でまたアイスを食べました。
夕食後にみんなで撮影

 ほとんどの生徒が海外初体験。建物、車、横断歩道のメロディーや、コウモリの大群など、見るもの感じるもの全てが新鮮な様子でした。

 ~続く~

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 教育部教育総務課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-5105

お問い合わせフォーム


【中学生英語圏派遣事業】生徒20人、ケアンズに行ってきました ~その1~への別ルート