メニューの終端です。

未来の自分と大切な約束

[2013年10月17日]

 今年も7月26日、31日、8月7日の3日間、健康づくり課と生涯学習課の共催により、『中高生・乳幼児ふれあい交流事業』が開催されました。
 今年は、乳幼児とママさんやパパさんのための「親子体験」への応募が、前年度を上回る100人以上となり、良いスタートを切れました。
 
 中高生のための「妊娠、出産、子育ての勉強」への参加は、前年度と比較すると少し寂しかった気もしますが…。
 しかし、中高生の皆さんは、将来「いつか自分が親になった時に困らないように」「将来保育士になるための勉強として」など、真剣な思いの中、参加してくれた乳幼児とふれあっていました。
 
 そして、乳幼児とママさんやパパさんたちの「親子体験」の内容はと言うと…。
 まず第1回目が7月26日(金曜日)に総和福祉センター「健康の駅」で行われた、柳田真美先生による「ベビー・マッサージ入門」。2回目は、7月31日(水曜日)に古河福祉の森会館で行われた、浅井智子先生による「ベビー・ダンス体験」。そして3回目は、8月7日(水曜日)に三和庁舎で行われた、川島秀子先生による「ミュージックケア体験」でした。
 
 まずは各会場で行われた乳幼児とママさんやパパさんのための「親子体験」と、健康づくり課による、中高生のための「妊娠、出産、子育ての勉強」を紹介したいと思います。
    
 第1回目の親子体験は、柳田真美先生による「ベビー・マッサージ」です。先生が資料に沿って注意事項を説明します。
 使用するオイルやマッサージによって、赤ちゃんの体調に変化が出ないように、パッチテストなどを行いました。

親子体験の様子

 そして、先生の優しい指導のもと、ベビー・マッサージ、スタート!
 赤ちゃんたちはみんな気持ち良さそうでした。

親子体験の様子

 続いてこちらは7月31日(水曜日)の古河会場の様子です。親子体験の内容は「ベビー・ダンス」です。
 もうすでに楽しくなりそうな雰囲気。

親子体験の様子

 こちらは赤ちゃんを寝かせたままのダンスの様子。

親子体験の様子
 ユラユラと気持ち良くて、眠ってしまう赤ちゃんもいました。
親子体験の様子
 こちらは8月7日(水曜日)の三和会場の様子です。
 親子体験の内容は「ミュージックケア」。2人の先生がママ役と赤ちゃん役です。音楽に合せて丁寧に教えていただきました。
親子体験の様子
 赤ちゃんはくすぐったいのか、気持ちいいのか、ママと一緒に笑顔がいっぱいでした。
親子体験の様子
 38歳の大きな赤ちゃんもミュージックケアされていました。
親子体験の様子
 途中音楽に合せて、大きなバルーンを使った遊びもしました。
親子体験の様子

 楽しんだ後は、シャボン玉で気持ちを落ち着けて…。

 全3回の親子体験の紹介は以上です。

親子体験の様子
 親子体験の間、中高生は…。
 
 健康づくり課による、出産までのさまざまなことを勉強した後、本物にそっくりな赤ちゃんの人形を使って、オムツ替えや、着替えを体験しました。
「妊娠、出産、子育ての勉強」の様子
 去年も参加してくれた高校生などもいて、「普段からやっているの?」と聞きたくなるほど手なれていました。
「妊娠、出産、子育ての勉強」の様子

 そして、各会場の流れは同じで、ママさんやパパさんは「親子体験」が終了後、別室で古河親楽ファシリテーターの会の皆さんによる子育てに関する学習会に参加し、中高生は健康づくり課の講習が終了後、ママさんやパパさんたちとバトンタッチで乳幼児たちのお世話体験をさせてもらいます。

 そちらの様子も紹介します。

 ママさんたちはそれぞれグループになり、子育てについて話し合っていただきました。

「妊娠、出産、子育ての勉強」の様子

▲ママさんやパパさんが参加した子育て学習会の様子

 いつも思うことですが、いろいろな意見が出てとても勉強になります。
「妊娠、出産、子育ての勉強」の様子
 そんな頃、中高生はと言うと…、
 さぁ!ここからが本番!
 ドキドキの乳幼児とのふれあいです。上手にお世話できるかな?
「妊娠、出産、子育ての勉強」の様子

▲中高生と乳幼児のふれあい体験の様子

 「大丈夫かなぁ…」と見守る担当職員も実はドキドキ。フタを開けてみたら、いらない心配でした。
 何とオムツ替えを実践できちゃった高校生までいました!お、おみそれしました。
「妊娠、出産、子育ての勉強」の様子

 いつか中高生には、いろいろなママさんやパパさんたちから「子育てについて」の話も聞かせてあげたいですね。そんなイベントがあってもいいかもしれません。

 最後に、今回のイベントで中高生が感じた、生の声を掲載して終わりたいと思います。
 それでは皆さん、来年もこのようなイベントに参加していただけたらうれしく思います。
 ありがとうございました。

乳幼児とのふれあい体験から

 最初は仲良くなれるかな?と思ったけど、元気に遊んでくれて仲良くなれたので、よかったなぁと思います。2歳半の男の子だったのでとても活発で大変でした。
 最後に笑顔で別れられたのでよかったと思います。

乳幼児とのふれあい体験から

 泣かなかったし、ボールやお絵かき、人形などいろいろなものに興味をもっていてすごいと思いました。
 小さい子は何を考えているか分からないので、お母さんになったらすごく大変なんだなと思いました。

命の誕生・命の大切さについて

 妊娠してしまったら、育児or流産しかないからすごく悩まないといけない。大変な思いをして産むことが分かった。

これからの未来へ向かって、自分へのメッセージは?

 子どもができたら絶対に流産はしたくない。
 子どもが大きくなった時に、子どもが生まれた時のことを思い出してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 教育部生涯学習課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-7114

お問い合わせフォーム


未来の自分と大切な約束への別ルート