メニューの終端です。

ROCK IN KOGA 開演!

[2013年11月29日]

 茨城の夏フェスと言えば「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」ですが、ここ古河の地で、高校生から沸々と湧き上がるバンド熱に応えるかのように、ついに開催しました、「第1回古河市青少年軽音楽フェスティバル」

出演者とスタッフ全員での記念写真

 ちょっと名前は堅いですが…、中身は熱いです!

 8月10日、スペースU古河で開催され、出演5校7バンド・高校生スタッフを含む60人、その他来場者は250人にのぼりました。

古河市青少年軽音楽フェスティバルの様子

 まずは恒例のなぞかけからスタートしたいと思います。
 整いました!「高校生」とかけて「壊れかけのジェット機」と解きます。そのこころは?
 どちらも「非行(飛行)させません」 うまい!!

 さて、今回はそんな軽音フェスで、実行委員会の立ち上げから多大なご尽力をいただきました文化協会会長の高橋さんに密着取材をしましたので紹介します。

今回のフェス開催の趣旨は?

 「夢を持って、前向きに努力する軽音楽サークルの子たちに、普段の練習の成果を発表する場を提供したかった。これからの古河市の文化を支えるのは、この子たち。文化協会としても、こういった場を通して、子どもたちと交流を持っていきたいです」

前々日準備での一幕

 「模造紙を用意して!」
 こんな感じになりました!
寄せ書き(1)
寄せ書き(2)

当日は?

 「高校生の子たちが自主的に動いてくれてすごく助かりました。若者のエネルギーをもらってすごく元気になりました」

次回はあるのでしょうか?

 「当日、参加者にアンケートをとったのですが、回収44枚のうち、楽しかった75パーセント、まあまあだった25パーセント。次回も参加したいですかの問いには、バンドとして参加したい25パーセント、観客として参加したい73パーセント、スタッフとして参加したい2パーセント、計100パーセントの人が参加したいとの回答を得ましたことを踏まえると、次回開催に向けて努力していかなければならないと考えています」
軽音フェスのアンケート結果(1)
軽音フェスのアンケート結果(2)

 高橋会長、ご協力ありがとうございました。

 開催にあたりまして、青少年のための古河市民会議の皆さま、古河文化協会の皆さま、スペースU古河の皆さまにつきましては、共催事業として実施できましたこと、また、ご協力いただきました全ての人たちに御礼申し上げまして締めくくりたいと思います。

 ありがとうございました!また来年お会いしましょう!

 ~to be continued~

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 教育部生涯学習課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-7114

お問い合わせフォーム


ROCK IN KOGA 開演!への別ルート