メニューの終端です。

【中学生英語圏派遣事業】生徒20人、ケアンズに行ってきました ~その3~

[2013年11月21日]

生徒たちが4日間通う、「トリニティ・アングリカン・スクール」は、小学校・中学校・高校が連携し、敷地内には幼稚園もあるケアンズ市一の名門校です。

広大な校庭と、ほとんどが平屋建ての校舎。

学校内のプールでは、競泳のナショナルチームの合宿が行われ、五輪メダリストのイアン・ソープも泳ぎ込んでいたそうです。

トリニティ・アングリカン・スクール

初日の午前中は、広い校内のオリエンテーションからスタートです。

案内するのは、トリニティ・アングリカン・スクールのオーガナイザーで、アトランタ五輪ソフトボールの銅メダリスト、ジョイス先生です。

分かりやすい英語で説明してくれますが、歩くのが遅かったり、大切なことを聞き漏らしているようだと、すかさずげきが飛びます。

迫力満点。

校内オリエンテーションの様子

アッセンブリー(全校集会)に参加。古河市の生徒の紹介がありました。

左の写真は随行員代表、総和北中学校の赤松治(おさむ)校長によるスピーチです。

その名も「Awesome Speech(とても素晴らしいスピーチ)」。

堂々としたスピーチに、生徒たちも感動です。

随行員代表スピーチ

午後のプログラムは、「スカベンジャー・ハント」。

トリニティ・アングリカン・スクールの生徒とペアになり、学校にまつわる質問に答えたり、お互いの文化などについて紹介し合いながら課題をクリアしていく、オリエンテーリングに似たプログラムです。

英語脳、フル回転でお願いします。

午後のプログラムの様子その1
午後のプログラムの様子その2
午後のプログラム様子その3

意外とシンプルな質問に頭を悩ませることも。

古河の名物、何と答えたのでしょうか…。

とても気になるところです。

ハントが終わる頃には、すっかり打ち解けた生徒たち。

今回は、2年生が7人参加ということで、少々英会話力不足を懸念していましたが、順応性が高く、物おじしないなど、随行員一同感心です。

トリニティ・アングリカン・スクールの生徒たちと集合
~続く~

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 教育部教育総務課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-5105

お問い合わせフォーム


【中学生英語圏派遣事業】生徒20人、ケアンズに行ってきました ~その3~への別ルート