メニューの終端です。

消費生活センター相談事例・相談件数

[2018年1月15日]

相談状況(平成29年12月)

今月のアドバイス

 国民生活センターでは、毎年消費者問題として社会的注目を集めたものや消費生活相談が多いものなどから、その年の「消費者問題に関する10大項目」を選び公表しています。

2017年は、還付金詐欺や訪問購入等で高齢者が悪質な勧誘に遭うケースが目立ちました。

仮想通貨や格安スマホなどの新たな分野の相談が増加し、格安旅行会社が経営破綻しました。

健康食品など「お試し」のつもりが「定期購入」だったとのトラブルも依然として多くなっています。

心配なことがあったら消費生活センターへご相談ください。

相談事例

相談事例の紹介と解決のアドバイス

  • インターネット・スマホ (ネット・架空請求・IP電話・スマートフォン)

     ■スマホに届いた調査事務所からのメール(架空請求)【NEW】

     ■アダルトサイトの請求画面が張り付いて消えない

     ■ポイントを使わせて不当請求をする出会い系サイト

     ■アプリをダウンロードしたら個人情報を取られた

 

  • 通信販売 (テレビショッピング、ネットショッピング、オークション)

     ■ネットショッピングでバッグを購入したら海外からコピー商品が届いた【NEW】

     ■ネットショッピングで購入したセール品の返品

     ■テレビショッピングで購入して開封してしまった商品の返品

     ■SNSで知り合った人から購入したカーナビが届かない

 

  • 訪問販売・電話勧誘

     ■注文してない商品を送ると電話がかかってきた

     ■代わりに社債を買ってほしいと電話がかかってきた

     ■電話勧誘されて申し込んだ光回線の解約

     ■水道水の点検を装った浄水器の訪問販売

 

  • 衣食住 (住まい・衣・食・家庭用品・電化製品)

     ■賃貸アパートの退去時に高額修繕費を請求された

     ■市役所を名乗った医療費還付金の振り込め詐欺

     ■期間限定の店舗でのサロン商法

 

  • その他

     ■契約した覚えのない看板地図の掲載料請求

 


 

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 産業部商工政策課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-5189

お問い合わせフォーム


消費生活センター相談事例・相談件数への別ルート