メニューの終端です。

後期高齢者医療保険料の納付済額確認について

[2016年4月5日]

「後期高齢者医療保険料」の納付額確認について

年末調整や確定申告で社会保険料控除の申告をする際に、後期高齢者医療保険料の納付済額も対象となり、所得合計金額から差し引くことができます。控除対象となる後期高齢者医療保険料は、下記のとおりです。(納付額は、課税年度ではなく、実際に納付した時期となります。)

 

  • 年末調整のとき→その年の1月1日から12月31日までに納付された金額
  • 確定申告のとき→前年の1月1日から12月31日までに納付された金額

納付済額の確認書発送について

納付済額確認書(ハガキ)を郵送します。

普通徴収で納付されている場合は、前年の1月から12月までに納付された金額を記載した納付済額確認書(ハガキ)を、毎年1月末に被保険者あてに郵送します。

特別徴収で納付されている場合は、年金支払者(日本年金機構等)から送付される公的年金等の源泉徴収票にて納付済額をご確認ください。

なお、納付済額について、電話によるお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。

納付済額確認書(ハガキ)の郵送前に納付済額を確認したい場合

年末調整等により、納付済額確認書(ハガキ)の郵送前に納付済額を確認したい場合、11月1日から市役所各庁舎窓口で納付額確認書を交付しています。

 

※納付額確認書はその時点で確認できる金額となります。その年の最終納期前に納付額確認書を交付する場合は、確認できる金額と別に見込額を併記します。なお、納付書で納付されている場合は、金融機関からのデータ反映に時間がかかりますので、申請日から約2週間以内に納付された人はその旨をお申し出ください。

窓口申請

下記書類をご提出の上、申請書に被保険者の住所、氏名、生年月日および申請者(来庁者)の住所、氏名、続柄をご記入いただきます。

申請に必要なもの

1.被保険者本人または同居の親族が来庁する場合

  • 申請者(来庁者)の身分証明書(運転免許証・健康保険証など)
  • 申請者(来庁者)の印鑑

2.被保険者本人または同居の親族以外の人が来庁する場合

  • 申請者(来庁者)の身分証明書(運転免許証・健康保険証など)
  • 申請者(来庁者)の印鑑
  • 被保険者本人の印鑑を押印した委任状(様式不問)

申請先

  • 国保年金課(古河庁舎)
  • 市民総合窓口課(総和庁舎)
  • 市民総合窓口室(三和庁舎)

〈郵送申請〉

申請書(郵送用)に必要事項をご記入の上、下記書類を同封し、送付先までご郵送ください。

  • 申請書(郵送用)
  • 身分証明書(運転免許証・健康保険証など)のコピー
  • 返信用封筒(80円切手を貼りつけたもの)※宛先をご記入ください。

後期高齢者医療保険料納付額確認申請書(郵送用)

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 生活安全部国保年金課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-5288

お問い合わせフォーム