メニューの終端です。

産後ケア事業

[2016年5月26日]

 

 古河市では、子どもの健康を見守る体制の充実として、妊娠初期から妊娠・出産に関する相談をしやすい体制を整備し、妊娠中から出産後までの切れ目ない支援を行い、子育ての孤立化を防止していきます。

 

産後ケア事業

 赤ちゃんとの生活に慣れるために、医療機関や在宅の安心できる環境で、助産師等が母親の心身のケアや乳児ケア、育児サポート等の、きめ細かい支援を行います。

  

 《利用できる方》   出産後おおむね1カ月の産婦とそのお子さんで、下記に該当する者

   (1)古河市民

   (2)体調不良や育児不安のある人

   (3)産後の経過に応じた休養や育児のサポートが受けられない人 

 

【宿泊型産後ケア】   医療機関へのショートステイ    

 産後の疲れた心身を癒し、ゆっくり体調を整えながら、子育てに必要な知識や技術を身につけるなどのサービスを受けることができます。

 【サービス内容】  母へのケア、お子さんへのケア、授乳指導、沐浴指導、育児相談など

 【実施施設】  秋葉産婦人科病院(古河市東本町2丁目9番2号)   

  ※詳しくは、「宿泊型産後ケア事業 利用案内」をごらんください。

宿泊型産後ケア事業利用案内

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

【訪問型産後ケア】   助産師等による在宅への訪問

 産後、助産師の訪問により、母親の心身のケアや乳児のケアを行い、育児不安を解消することができます。

 【サービス内容】  赤ちゃんとの生活に慣れるためのサポート、育児指導、育児相談など

  ※「秋葉産婦人科病院(古河市東本町2丁目9番2号)」と 

    「船橋レディスクリニック(古河市諸川657-3)」の助産師の協力を得て、実施します。

 

 

産前・産後サポート事業

 助産師が「母乳のお話」をします。また、母親の仲間作りや地域の子育て情報の提供を行い、子育てを支援します。

 【実施場所】  健康の駅 「健康づくりセンター」

 【日程】     添付ファイルを参照ください。     

  

 

 

助産師のお話(乳幼児健康相談)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

母子保健相談支援事業

 母子保健コーディネーターや保健師が妊産婦の相談に対応し、子育て情報や必要なサービスを情報提供します。体調不良や育児不安のある妊産婦に対しても、適切な支援を継続的に行いサポートします。

 

 

利用方法

 利用したい人は、健康づくり課まで問い合わせてください。

 

お問い合わせ

 健康づくり課(古河福祉の森会館) 電話 0280‐48‐6881・ファクス 0280‐48‐6876

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 健康福祉部 健康づくり課
電話: 0280-48-6881(代表・福祉の森) ファクス: 0280-48-6876

産後ケア事業への別ルート