メニューの終端です。

【平成32年まで延長】企業誘致等に伴う若者・子育て世帯定住促進奨励金

[2017年4月14日]

企業誘致等に伴う若者・子育て世帯定住促進奨励金

平成24年1月1日以降に転入し、平成27年1月1日から平成32年12月31日までに住宅・マンションを購入した若者・子育て世帯へ奨励金を交付し、古河市への定住をサポートします。

対象となる世帯

(1) 本人または配偶者が39歳以下である世帯

(2) 15歳以下の者を養育する世帯

※(1)(2)いずれか(取得の場合は契約日、新築の場合は建築年月日における年齢)

奨励金の概要

新築住宅を購入

(1) 転入者住宅取得奨励金       40万円

(2) 市内業者施工奨励金         10万円

(3) 保留地取得奨励金          100万円

※平成28年4月1日以降に保留地を購入したものについて適用し、それ以前に取得したものについては、従前の50万円とします。

・古河駅東部土地区画整理事業保留地売却のご案内(別ウインドウで開く)

中古住宅を購入

(1) 転入者住宅取得奨励金         40万円

(2) 市内業者リフォーム施工奨励金   10万円

   ※リフォーム工事は、本人等が契約して行うものであって、申請の際に完了しているもの

手続きの流れ

※申請は、新築・中古住宅を取得した日または、転入もしくは転居した日のいずれか遅い日から6カ月以内に行ってください。

手続きの流れ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

提出書類

(1) 様式第1号(申請書兼請求書)

(2) 様式第2号(承諾書兼誓約書)

(3) 住民票の写し

   ※世帯全員(親・子世帯)が記載され、転入前の住所の履歴が表示され、なお6カ月以内に取得したもの

(4) 新築・中古住宅取得に関する契約書の写し

(5) 住宅の登記事項証明書

(6) 住宅の平面図(見取り図)

   ※(4)、(5)、(6)については、原本およびコピーの両方をお持ちください。

(7) 市内業者による建築またはリフォーム工事の場合は、「工事に関する契約書の写し」

   ※工事に関する契約書がない場合は、金額および工事内容が証明できるもの。

   ※市内業者とは、市内に事務所、事業所がある法人または、市内に住所がある個人。

(8) その他、奨励金の審査のうえで必要となるもの(申請要件が確認できるもの)

(9) 申請する世帯以外の方が申請を届け出る場合は、委任状または代理人の身分証明書

提出書類

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

よくある質問

よくある質問

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

二世帯同居等支援奨励金

世代間の助け合いを目的とした『三世代同居』の促進に伴う定住促進を図り、家族の絆を深めることで、子育て見守り問題や介護問題等の解決に繋げるため、新たに住宅を取得して親世帯と同居を始める場合に、子世帯に対して奨励金を交付します。

対象となる世帯

※次の(1)~(4)をすべて満たす人

(1) 平成24年1月1日より前から市内に居住し、親世帯と1年を超えて別居していた子世帯が、同居(隣接地に居住する場合を含む。)するために平成28年1月1日以降に取得した新築または中古住宅

(2) 主たる契約者が子世帯であること

(3) 取得等を行う日において、本人または配偶者が39歳以下、もしくは15歳以下の者を養育している夫婦

  ※取得の場合は契約日、新築の場合は建築年月日における年齢

  ※15歳以下の者を養育する単身者を含む。

(4) 市内業者が新築またはリフォーム工事を行うものであること

  ※中古住宅のリフォーム工事は、子世帯が契約して行うものであって、申請の際に完了しているもの

対象とならない場合

※次の場合は対象になりません。

  • 市内業者が仲介のみの場合
  • すでに居住している住宅を増築、リフォームする場合
  • すでに同居している世帯
  • 親子での共有の場合、親世帯の持分が多い住宅
  • これまでに定住促進奨励金の交付を受けた世帯   など

奨励金の概要

(1) 二世帯住宅取得奨励金       40万円

(2) 保留地取得奨励金         100万円

手続きの流れ

申請は、新築・中古住宅を取得した日または、転居した日のいずれか遅い日から6カ月以内に行ってください。

(ただし、平成28年1月1日から9月30日に住宅を取得した世帯は、平成29年3月31日までとします。)

手続きの流れ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

提出書類

(1) 様式第1号(申請書兼請求書)

(2) 様式第2号(承諾書兼誓約書)

(3) 様式第3号(親世帯に関する届出書)

(4) 住民票の写し

   ※世帯全員(親・子世帯)が記載され、転居前の住所の履歴が表示され、なお6カ月以内に取得したもの

(5) 新築・中古住宅取得に関する契約書の写し、市内業者によるリフォーム工事に関する契約書の写し

   ※工事に関する契約書がない場合は、金額および工事内容が証明できるもの。

   ※市内業者とは、市内に事務所、事業所がある法人または市内に住所がある個人

(6) 住宅の登記事項証明書

(7) 住宅の平面図(見取り図)

   ※(5)、(6)、(7)については、原本およびコピーの両方をお持ちください。

(8) その他、奨励金の審査のうえで必要となるもの(申請要件が確認できるもの)

(9) 申請する世帯以外の方が申請を届け出る場合は、委任状または代理人の身分証明書

よくある質問(二世帯同居)

よくある質問(二世帯同居)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

提出先

受付時間:平日 午前8時30分から午後5時15分まで

古河市役所 商工政策課 企業誘致・定住促進室(古河庁舎2階)

306-8601 古河市長谷町38番18号


受付時間:平日および土・日・祝日 午前8時30分から午後5時15分まで

若者・子育て世帯定住促進サポートセンター(子育てひろば 「駅前ヤンチャ森」内)

306-0023 古河市本町4丁目1番1号

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 産業部商工政策課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-5189

お問い合わせフォーム


【平成32年まで延長】企業誘致等に伴う若者・子育て世帯定住促進奨励金への別ルート