メニューの終端です。

古河市委託医療機関向け予防接種情報

[2017年9月26日]

古河市では予防接種法第5条に基づく定期の予防接種業務を委託医療機関で実施しています。同法第2条第2項および第3項に定める疾病を予防することにより公衆衛生の向上を図り、市民の健康保持を目的としています。

 

お知らせ

三種混合ワクチン(DTP)の販売中止による対応について


4回を超える不活化ポリオワクチン(IPV)接種後の有効性および安全性が確認されたことから、イモバックスポリオの添付文書上の接種上の注意の記載が変更され、不活化ポリオワクチンを4回接種済みの場合でも、四種混合ワクチンの使用が可能となりました。

今後の接種は四種混合ワクチンをご使用ください。

参考:ポリオワクチンに関するQ&A


有効期限切れワクチンの間違い接種防止について

先般、イモバックスポリオ皮下注(製造販売業者:サノフィ株式会社)において、有効期限が経過した後に接種された事例が全国で複数報告されたことを受け、厚生労働省より注意喚起の通達がありました。

イモバックスポリオに限らず、ワクチンの接種にあたっては、有効期限を必ずご確認のうえ使用いただきますよう、ご注意ください。

また、古河市では接種間違い防止のためのチェックリストを作成しております。ご活用いただき、適正な予防接種の実施にご協力いただきますようお願いいたします。

 

予防接種実施について

1 新規契約・契約内容の変更について

新たに古河市民に対して定期予防接種の実施を希望する場合または契約内容に変更が生じた場合は、古河市健康づくり課までご連絡ください。(電話:0280-48-6882)

 

2 接種委託料の請求について

接種委託料の請求は、1か月単位で取りまとめ、翌月10日までに健康づくり課までご提出ください。

請求書には、実施した予防接種の予診票、(必要な場合は)接種券・免除券を添付してください。

 

3 適正な予防接種の実施について

予防接種法予防接種法施行令予防接種法施行規則予防接種実施規則、および定期接種実施要領に基づかない予防接種が行われた場合(対象者および接種回数、接種間隔、接種量の誤り等)には委託料をお支払いできませんので御注意ください。

 

また、適正な実施がなされなかった予防接種については、予防接種に係る間違い接種報告書の提出が必要となります。

 

 

 

4 予防接種後副反応報告

医師等が予防接種法施行規則第5条に規定する症状を診断した場合、速やかな報告が義務付けられておりますので、ご協力いただきますようお願いいたします。

「予防接種後副反応報告書(別紙様式1)」を用いて、独立行政法人医薬品医療機器総合機構へファクス(0129-176-146)にて報告してください。

 

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 健康福祉部健康づくり課

電話: 0280-48-6882(代表・福祉の森) ファクス: 0280-48-6876

お問い合わせフォーム


古河市委託医療機関向け予防接種情報への別ルート