メニューの終端です。

ふるさと納税について

[2015年9月17日]

ふるさと納税で「古河市」を応援してください!

古河市は関東平野のドマンナカ、茨城県の西端に位置し、埼玉県・栃木県の県境に接しています。
室町時代には古河公方の拠点として「東都」と呼ばれた歴史のまちです。
「日本一」平坦で、恵まれた気候の古河市には、ヒトの魅力もモノの魅力もいっぱい詰まっています!
春には約1500本の花桃が咲き誇り、桃源郷のような美しさの古河総合公園。
夏には三尺玉と2万発の花火が夜空を彩る花火大会。
秋には肥沃な大地からの贈り物に感謝する収穫祭。
冬には奇祭の「提灯竿もみ祭」と利根川から望む絶景富士山。

五感を満足させ、皆さまの心に届く「From Koga」の贈り物をたくさんご用意いたしました。
「From Koga」の逸品に満足した皆さまの笑顔を想像しながら、私たちのタカラモノをお送りします。

 

ふるさと納税の概要

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。

 

ふるさと納税の詳しい制度内容は、総務省ホームページ(下記外部サイト)でご確認ください。

■総務省 ふるさと納税ポータルサイト 

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html

 

控除を受けるために

控除を受けるためには、原則として、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行う必要があります。ただし、平成27年4月1日から、確定申告の不要な給与所得者等は、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内である場合に限り、ふるさと納税を行った各自治体に申請することで確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まりました。これは、平成27年4月1日以後に行われるふるさと納税に適用されます。税控除の適用を受けるまでの手続の流れは、次のとおりです。

ワンストップ制度の手続き

 

ふるさと納税ワンストップ特例制度の詳しい内容は、総務省ホームページ(下記外部サイト)でご確認ください。

■総務省 ふるさと納税ポータルサイト 

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/topics/20150401.html#block02

 

寄附金はこのように活用させていただきます

 お寄せいただいた寄附金は、古河市の将来像の実現に向けた6つのテーマの各事業に活用させていただきます。
 ご寄附をいただく際に、6つのテーマから、いずれか一つをご指定ください。

1 【市民協働】地域のみんなで古河(まち)をつくる

2 【健康福祉】互いに支え合う古河(まち)をつくる

3 【教育文化】人が育ち文化の息づく古河(まち)をつくる

4 【産業労働】活力と賑わいのある古河(まち)をつくる

5 【生活環境】安全で快適な古河(まち)をつくる

6 【都市基盤】魅力的で利便性の高い古河(まち)をつくる

7 市長にお任せ(6つのテーマのいずれかに振り分けさせていただきます。)

*ご指定のない場合は、6つのテーマのいずれかに振り分けさせていただきます。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 企画政策部企画課

電話: 0280-92-3111(総和庁舎・代表) ファクス: 0280-92-3088

お問い合わせフォーム


ふるさと納税についてへの別ルート