メニューの終端です。

台風18号等による大雨被害に対する市税等の支援について

[2015年10月8日]

1.災害廃棄物(家庭ごみ)の無料搬入について

台風18号の豪雨により発生した災害廃棄物(家庭ごみ)に限り、ご自身で搬入される人には、さしまクリーンセンター寺久(坂東市)または古河クリーンセンターに無料で搬入できる許可証を現地確認後に発行します。必ず、搬入する前に環境課に問い合わせください。

問い合わせ先

環境課(三和庁舎) 電話 0280-76-1511

2.り災証明書の発行

浸水等により被害を受けた場合は「り災証明書」を発行します。詳しくは、問い合わせください。また、「り災証明およびり災届出証明書の発行について」をご覧ください。

問い合わせ先

市民課(総和庁舎) 電話 0280-92-3111

古河庁舎市民窓口室 電話 0280-22-5111

三和庁舎市民窓口室 電話 0280-76-1511

3.固定資産税・都市計画税の減免

大雨災害により住宅等が床上浸水の被害を受けた場合は、これから到来する納期分の固定資産税および都市計画税が減額になる場合があります。※床下浸水は対象となりません。なお、減免を受けるには、納税者ご本人の申請が必要となります。詳しくは、問い合わせください。また、「固定資産税・都市計画税の減免」をご覧ください。

問い合わせ先

資産税課(古河庁舎) 資産税係 電話 0280-22-5111

 

4.個人市県民税の減免

床上浸水等により住宅や家財に損害があった場合には損害金額(保険等で補填された金額を除く)によって減免を受けられる場合があります。※詳しくは「市民税・県民税の減免」をご覧ください。

問い合わせ先

市民税課(古河庁舎) 市民税係 電話 0280-22-5111

5.個人市県民税の軽減(災害により生じた損失の雑損控除)

床上浸水等により住宅や家財などに損失を受けた場合は、雑損控除として、平成27年分確定申告および平成28年度市県民税申告の際、所定の算式により計算した額の控除が受けられる場合があります。※詳しくは「国税庁のホームページ」をご覧ください。(別ウインドウで開く)

問い合わせ先

市民税課(古河庁舎) 市民税係 電話 0280-22-5111

6.国民健康保険税・後期高齢者医療保険料の減免

床上浸水等により住宅や家財に損害があった場合には損害金額(保険等で補填された金額を除く)によって減免を受けられる場合があります。※詳しくは「国民健康保険税の減免」のページまたは「後期高齢者医療保険料の減免」のページをご覧ください。

問い合わせ先

国保年金課(古河庁舎) 電話 0280-22-5111

国民健康保険税について、国保税係

後期高齢者医療について、医療係

7.介護保険料の減免

水害等により住宅や家財に損害があった場合には損害金額(保険等で補填された金額を除く)によって減免を受けられる場合があります。※詳しくは「介護保険料の減免」をご覧ください。

問い合わせ先

介護保険課(健康の駅) 賦課徴収係 電話 0280-92-4921

8.納税相談

大雨被害により市税等の納税が困難な人は納税相談に応じますのでご連絡ください。

問い合わせ先

収納課(古河庁舎) 徴収対策係 電話 0280-22-5111

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。