メニューの終端です。

バラが銘柄産地指定の更新を受けました

[2015年10月28日]

バラが銘柄産地指定の更新を受けました

 三和地区のバラは、平成11年に県内のバラとして初めて茨城県花卉銘柄産地の指定を受け、今年で16年が経過しました。このほど、3年の指定期間満了に伴って4回目の指定更新を行い、筑西合同庁舎において指定証交付式が開催されました。

 三和地区のバラは、県内のバラ生産をリードする産地として、毎年市場から高い評価をいただいています。生産量は年間約100万本で、アバランシェやサムライを中心に少量多品目種栽培(50種類)の特色を活かした産地作りを行っています。鮮度保持のために輸送方法を工夫したり、採花日表示、顔の見える産地として生産者の写真付きリーフレットを出荷箱に同封したりと、品質向上や消費者へのアピールにも工夫を凝らしています。

 皆さんも家族の記念日やセレモニーの際には、ぜひ、銘柄産品である三和地区のバラを贈ってみてはいかがですか。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 産業部農政課

電話: 0280-76-1511(三和庁舎・代表) ファクス: 0280-76-1594

お問い合わせフォーム


バラが銘柄産地指定の更新を受けましたへの別ルート