メニューの終端です。

松沼健夫

[2017年4月23日]

松沼健夫

松沼健夫作品

「快晴の那須高原」

略画歴

松沼健夫 略画歴
西暦 できごと 
1917 東京都台東区入谷に生まれる。 
1923以前 家族とともに古河市に移住する。 
1955 中村威(日本画)・飯田政市(洋画)・藤井亮(洋画)とともに江戸町の松屋で数次にわたって河光会展(四人展)を開催する。 
1959 第21回一水会展に初入選。以後毎年入選する。 
1960 洋画家鈴木良三に師事する。 
1965頃「那須御用邸道中絵巻」ともいうべき水彩画を昭和天皇に献上する。 
1970 一水会会友に推挙される。
1978 茨城県美術展覧会会員に推挙される。 
1981 一水会会員に推挙される。 

1998

逝去

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 教育部 生涯学習課 古河街角美術館
電話: 0280-22-5911 ファクス: 0280-22-5915
E-mail machikado@city.ibaraki-koga.lg.jp