メニューの終端です。

古河ゆかりの文学

[2017年5月1日]

古河ゆかりの文学(常設展図録)

【目次】
◇旧宅保存に感謝して  永井路子
◇刊行にあたって
◇展示室1 古河ゆかりの文学者たち
   粒来哲蔵/粕谷栄市/沖ななも/松本 進
山本十四尾/小林久三/佐江衆一/逸見猶吉
   上野壮夫/若杉鳥子/和田芳惠/半谷三郎
   福田螢二/辰野九紫/小堀文一 
   田中正造と古河町民
   古河の文芸活動
   万葉集に詠まれた古河
   頼政伝説と古河   
   古河公方と猪苗代兼載
   南総里見八犬伝
   古河を舞台とした作品   
◇展示室2 古河の児童文学
   金田常代 金田卓也 一色悦子
   鷹見久太郎と絵雑誌『コドモノクニ』
◇展示室3 歴史小説家 永井路子
◇主な展示資料・協力者一覧

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。