メニューの終端です。

横断歩行者を守る「モデル横断歩道」が設置されました

[2016年6月10日]

古河警察署からのお知らせ

横断歩行者の保護の実施について

県内で多発する交通死亡事故抑止のため、「人(歩行者)にやさしい“いばらき”」をキャッチフレーズにドライバーに歩行者保護を意識づける取り組みを実施しています。

「モデル横断歩道」とは

 平成27年中の交通死亡事故の中で「歩行中」の事故は4割を占め、そのうち「道路横断中」の事故が7割を占めています。

 ドライバーに対し、横断歩道等での「横断歩行者の優先・保護」の意識の高揚を図り、道路横断者の交通死亡事故を抑止するため、県内108か所に「モデル横断歩道」を指定し、横断者の交通死亡事故抑止に取り組んでいます。

※モデル横断歩道には看板を設置します。

古河警察署管内の設置場所(6か所)

1 諸川上町公民館南東付近(諸川地内)

2 古河第一中学校北側付近(常盤町地内)

3 古河第三小学校東側付近(旭町一丁目地内)

4 イトーヨーカドー古河店西側付近(東二丁目地内)

5 JR古河駅南東側付近(東本町一丁目地内)

6 古河第二小学校東側付近(本町二丁目地内)

横断歩道では

★ドライバーは、横断しようとする人がいるときは必ず停止しましょう。

★歩行者は、ドライバーに対し「手を上げる」など横断する意思表示をして、車が完全に止まってから横断しましょう。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 生活安全部防災交通課

電話: 0280-92-3111(総和庁舎・代表) ファクス: 0280-92-9596

お問い合わせフォーム


横断歩行者を守る「モデル横断歩道」が設置されましたへの別ルート