メニューの終端です。

簡易リフト、エレベーターに関する建築基準法の手続きについて

[2016年6月27日]

簡易リフト、エレベーターに関する建築基準法の手続きについて

事業者の皆さまへ

 最近、特に工場や作業場等において、建築基準法で定めるエレベーターであるにもかかわらず、建築基準法の規定に基づく確認・検査を受けずに設置されたエレベーターによる死亡または重大な人身事故が発生しています。

 工場等に設置される「簡易リフト、エレベーター」に関しては、労働安全衛生法と建築基準法が適用されますが、事故を起こしたエレベーターについては、建築基準法の規定に基づく確認申請等の手続きが行われず、建築基準法に適合しない部分があったことが確認されています。

 企業等の法令遵守(コンプライアンス)が強く求められる昨今、事業者の皆さまにおかれましては、工場等に「簡易リフト、エレベーター」を設置される際は、建築基準法に基づく手続き(建築確認、完了検査、定期検査報告)を適正に行っていただきますようお願いします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

建築基準法では、

・簡易リフト

・1t未満のエレベーター

についても、建築確認、完了検査、定期検査報告が必要となります。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【参考】建築基準法と労働安全衛生法の相違点

【参考】労働安全衛生法と建築基準法の相違点

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 都市建設部建築指導課

電話: 0280-76-1511(三和庁舎・代表) ファクス: 0280-76-1594

お問い合わせフォーム


簡易リフト、エレベーターに関する建築基準法の手続きについてへの別ルート