メニューの終端です。

平成28年度臨時福祉給付金および障害・遺族基礎年金受給者向け給付金について

[2016年10月3日]

平成28年度臨時福祉給付金および障害・遺族基礎年金受給者向けの給付金について

平成28年度臨時福祉給付金および障害・遺族基礎年金受給者向けの給付金を
受け取るためには、基準日(平成28年1月1日)時点で住民票がある市町村への
申請が必要です。
古河市では、給付金支給の可能性のある方に9月下旬に申請書を郵送しました。
支給要件・支給金額は下記の表をご覧ください。


支給額・支給要件・支給対象者
    給付金の種類 支給額        支給要件・支給対象者
平成28年度臨時福祉給付金1人につき
  3,000円

平成28年1月1日時点で古河市に住民登録が
あり、平成28年度分の市民税(均等割)が非
課税の方。
※ ご自身を扶養している方が課税されてい
  る場合や、 生活保護受給者は対象外とな
    ります。 支給決定までに亡くなられた人も
   対象となりません。
※ 税制上の、控除対象配偶者、配偶者特別
     控除における配偶者、青色および白色事
     業専従者、海外勤務者、 租税条約等も
     対象外です。   
※他市町村にお住いの親族が、対象者を税
    法上の扶養親族等としている場合は、そ
    の親族の非課税証明書が必要です。   


障害・遺族基礎年金受給者
向けの給付金

1人につき
 30,000円
平成28年度臨時福祉給付金の支給対象者のうち
平成28年5月分の障害基礎年金または遺族基礎
年金を受給した方。
※高齢者向け臨時福祉給付金(3万円)を支給さ
    れた方は該当しません。

申請期間

平成28年10月3日(月曜日)~平成29年2月2日(木曜日) ※消印有効
申請期間を過ぎた場合は受付できませんのでご注意ください。

申請方法

原則として郵送申請(申請書に同封の返信用封筒をご使用ください)

申請先

古河市役所  健康福祉部  福祉総務課
古河市駒羽根1501番地  古河市総和福祉センター「健康の駅」内
電話  0280-91-5615(直通) 臨時福祉給付金コールセンター

受付窓口

給付金の申請に関するお問い合わせは、受付期間中、次の窓口でも対応しま
す。窓口での対応をご希望の場合は、10月中を目途にお願いいたします。

・健康の駅 : 福祉総務課
・古河庁舎 : 市民総合窓口室
・三和庁舎 : 市民総合窓口室

・窓口受付時間 : 午前9時~午後5時(平日のみ)


※ただし、窓口でのお問い合わせは、大変混み合います。曜日、時間帯によって
    はお待たせすることもございます。できる限り郵送での申請にご協力ください。

支給方法

申請後、審査を経て支給が決定した方に決定通知書を郵送します。
給付金は、申請書に記入した指定口座に後日振込みます。
 ※申請から振込または現金支給までには、2~3か月程度かかります。
 ※現金支給の方は、口座のない方に限らせていただいております。口座振込
  にご協力ください。また現金支給は「健康の駅」での支給のみとなります。
 ※住民税申告の修正などにより、給付が不支給となる場合があります。
     支給された後でも、市に返還していただくことになります。



提出書類

必要事項を記入した申請書と下記の添付書類です。

・『申請書に記載した全員分の本人確認書類』
  運転免許証・旅券または健康保険証の写し等、外国人の方は、在留期間が
  確認できる「在留カード」「特別永住者証明書」などが本人確認書類となりま
   す。
・『指定した口座が確認できる書類』  
   (※新規または前回の口座を変更する方のみ) 
  受取口座の金融機関・支店名、口座番号、口座人名義(カナ)がわかる通帳
  または キャッシュカードの写し
※ただし、前年度と同一の口座への振込を希望する場合には口座が確認でき
    る書類は不要です。
※他市町村にお住いの親族が税法上の扶養親族等としている場合で、非課税
    の場合はその親族の市町村で発行してもらった「非課税証明書」が必要とな
    り ます。

配偶者からの暴力を理由に避難している方について

配偶者からの暴力を理由に古河市へ避難している方が、事情により、基準日(平
成28年1月1日)時点で住民票を移すことができておらず、一定の要件を満たす方
は、古河市へ申し出ていただくことにより、次のような措置を受けることができます。

(1)手続きの完了後は、配偶者等から申出を行った方の給付金の代理申請はで
   きなくなります。
(2)住民登録を行っている市町村ではなく、古河市に給付金の支給の申請を行う
   ことができます。
※事前申出期限を過ぎても、申出を行うことは可能ですが、すでに配偶者等が代
   理申請を行っている場合は、上記の措置を受けることができない場合があり
  ます。
※給付金の給付申請手続きは、事前申出とは別に行う必要があります。

◎申出書  申出先に問い合わせてください。
◎申出先  福祉総務課 
                 〒306-0221 古河市駒羽根1501番地
                 古河市総和福祉センター「健康の駅」内


臨時福祉給付金詐欺にご注意ください。

・市や厚生労働省などが「給付金」の受給のために、手数料などの振込をもとめることは、
 絶対にありません。
・市や厚生労働省がATM(銀行、コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いする
 ことは、絶対にありません。
・ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは、絶対にありません。

※ご自宅や職場などに市や厚生労働省(職員)のなどをかたった電話がかかってきたり、
  郵便が届いたら、迷わず古河市役所福祉総務課(給付金コールセンター0280-91-5615)
  や古河警察署(0280-30-0110)または警察相談用電話(♯9110)にご連絡ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 健康福祉部福祉総務課

電話: 0280-92-5771(直通・健康の駅) ファクス: 0280-92-7564

お問い合わせフォーム


平成28年度臨時福祉給付金および障害・遺族基礎年金受給者向け給付金についてへの別ルート