メニューの終端です。

介護保険負担限度額認定申請について

[2017年6月28日]

介護保険負担限度額認定申請について

 介護保険施設に入所した際(ショートステイを含む)の食費および居住費(滞在費)は利用者負担となります。

 しかし、以下の要件を満たす方については、申請により年金収入の状況などに応じて、介護保険負担限度額認定証が交付され、それを施設に提示することにより食費・居住費の負担軽減が受けられます。

対象となる方

以下の要件をすべて満たしている方が対象となります。

 ・サービスを受けている本人含め、世帯全員が市民税非課税であること。

 ・配偶者がいる場合は、同一世帯・別世帯にかかわらず、配偶者の市民税が非課税であること。

 ・預貯金、有価証券等の金額が単身1,000万円未満、夫婦合計2,000万円未満であること。

申請に必要な書類

申請される場合は下記のものをご用意していただき、お越しください。

(1)申請書

(2)同意書

(3)印鑑

(4)預貯金等がわかるもの(通帳の写し、有価証券の写しなど)

   →配偶者がいる方は、夫婦それぞれの写しが必要です。

預貯金に含まれるもの
種類確認書類

預貯金

(定期預金含む)

通帳の写し

(注意)インターネットバンクの場合、最終残高のわかる部分)

有価証券

(株式、国債など)

証券会社や銀行の口座残高の写し

(ウェブサイトの写しも可)

金・銀(積立購入含む)など、購入先の口座残高によって時価評価額が容易に把握できる貴金属

証券会社や銀行の口座残高の写し

(ウェブサイトの写しも可)

 投資信託

銀行、信託銀行、証券会社等の口座残高の写し

(ウェブサイトの写しも可)

 タンス預金 申請書への記入

負債

(借入金、住宅ローンなど)

借用証書や債務残高証明書など

 ★通帳の写しは下記の部分をご用意ください。

  (1)銀行名・支店名・口座番号・科目・氏名がわかるページ

  (2)普通預金の最終預金残高がわかるページ

    ・・・最新の預金残高で判定をするため、長い間記帳をされていない場合は記帳をしたものをご用意ください。

      また、年金を受給されている方は年金受取りが確認できるページもご用意ください。

      目安として2か月以内の通帳の写しをお願いいたします。

  (3)定期預金の残高がわかるページ

  ※預貯金等を複数保有している場合は、すべての通帳の写しをご提出ください。


 *預貯金等に含まれないもの*

  ・生命保険、自動車、腕時計、宝石など時価評価額の把握が難しい貴金属など

  ・絵画、骨董品、家財など


申請受付場所

 申請は介護保険課のほか、各庁舎でも受付をしております。

 また、郵送での受付もしております。郵送の場合は下記の住所へ送付してください。郵送で申請される場合、受付日は介護保険課に郵便が届いた日となります。

 〒306-0221

  茨城県古河市駒羽根1501 健康の駅 介護保険課


利用者負担段階区分ごとの費用負担額

利用者負担段階区分ごとの対象者と費用負担額一覧表

利用者負担段階区分

対  象  者

1日あたりの居住費(滞在費)

1日あたりの食費

ユニット型個室

ユニット型準個室

従来型

個室

多床室
(たしょうしつ)

第1段階

市民税世帯非課税の老齢福祉年金受給者。

生活保護受給者。

 

820円

 

490円

 

490円

(320円)

 

0円

 

300円

第2段階

市民税世帯非課税で合計所得金額と課税年金収入額と非課税年金収入額の合計が年間80万円以下の方。

 

820円

 

490円

 

490円

(420円)

 

370円

 

390円

第3段階

市民税世帯非課税で第1・第2段階に該当しない方。

1,310円 

1,310円 

1,310円

(820円)

370円

650円 

第4段階

(基準費用額)

非該当

(食費・居住費は軽減されません。)

1,970円

1,640円

1,640円

(1,150円)

370円

(840円)

1,380円

※介護老人福祉施設と短期入所生活介護を利用した場合の従来型個室の負担限度額は、( )内の金額となります。

平成28年度制度改正における変更点

 介護保険法の改正により、平成28年8月から利用者負担段階を判定する年金収入等において、新たに非課税年金(障害年金、遺族年金)を所得として勘案することになりました。この改正により、これまでの負担段階と違う段階で判定される場合がありますが、軽減が受けられなくなるわけではありません。

 ※非課税年金収入とは、遺族年金(寡婦、かん夫、母子、準母子、遺児年金を含む)や障害年金などです。

  弔慰金や臨時福祉給付金などは判定の対象には含まれません。

 

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 健康福祉部介護保険課

電話: 0280-92-4921(直通・健康の駅) ファクス: 0280-92-5594

お問い合わせフォーム


介護保険負担限度額認定申請についてへの別ルート