メニューの終端です。

茨城をたべよう収穫祭で「食遊三和」が茨城放送の生放送に出演しました。

[2016年11月18日]

茨城をたべよう収穫祭で「食遊三和」が茨城放送の生放送に出演しました。

11月5日(土曜日)、6日(日曜日)に、下妻市の砂沼広域公園で、茨城の農産物や加工品等が一堂に会する食の祭典「茨城をたべよう収穫祭」が開催されました。

このイベントには県内約150の団体や企業が出店。茨城の銘柄牛の「常陸牛」を使った焼肉丼や、筑波山特産の「福来(ふくれ)みかん」を使用したオリジナルラーメンなどが販売されていました。

古河市からは古河市女性企業ネットワーク委員会「食遊三和」が、地元でとれた野菜等から作った栗おこわやおやき、牛乳そばチップや野菜ジャム、漬物等バラエティ豊かな商品販売を行い大好評でした。


▲出店の様子。バラエティ豊かに商品が並んでいます。


イベント中は特設ステージで茨城出身のお笑い芸人によるコントや、パティシエの鎧塚シェフ、プロレスラーの蝶野正洋氏によるトークショー、また茨城放送の人気パーソナリティーKATSUMI氏と茨城県の「食のアドバイザー」で、古河市を応援してくれている“フジーニ”こと藤原浩氏によるラジオの生放送などが行われました。


また、別の時間帯の番組では「ワイドでワイドな食レポ」として、「食遊三和」が突撃インタビューを受けました。

▲インタビューを受ける「食遊三和」の荻野委員長と古河市をPRする“フジーニ”。


このインタビューで、レポーターと一緒に「フードガイダー」として同行していた藤原浩氏は、生放送の中で「古河市は関東のドマンナカと表現されるくらい、場所も便利だが、土質が良い。また、農家の皆さんが仲良く、後継ぎがたくさんいる。茨城県の農業を託すには古河は欠かせない。」と力強くコメントしていました。


▲サービスショット。皆さん笑顔です♪


この収穫祭には県内外からたくさんの方が来場し、大盛況でした。

食遊三和の存在はもちろん、古河市の農業・野菜についても、たくさんの方に知っていただけたのではないでしょうか。

今後もこのようなイベントを通じて、古河市をどんどんPRしていきます。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 産業部農政課

電話: 0280-76-1511(三和庁舎・代表) ファクス: 0280-76-1594

お問い合わせフォーム


茨城をたべよう収穫祭で「食遊三和」が茨城放送の生放送に出演しました。への別ルート