メニューの終端です。

軽自動車税について

[2017年12月21日]

軽自動車税について

軽自動車税とは

 軽自動車税は、毎年4月1日現在、軽自動車等を所有している方に課されます。4月2日以降

に軽自動車等を譲渡、または廃車しても、4月1日現在の所有者が、その年度の軽自動車税を

納めることになります。

 税金は納税通知書によって、毎年5月に納めていただきます。なお、年度の途中で登録・廃車

した場合の月割の課税や税額還付はありません。

税率

平成28年度から車両の車種および新規登録日により軽自動車税が変更となります。

【原動機付自転車(原付)・125cc以上のバイク・小型特殊自動車】

【三輪および四輪以上の軽自動車】

最初の新規検査から13年を経過した車両については重課税率が適用されます。

〔※1〕平成29年度は、最初の新規検査年が平成15年以前の車両が重課税率の対象。

〔※2〕動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン

    電気併用の軽自動車および被けん引車は、重課税率の対象外です。

【一定以上の環境性能を有する三輪および四輪以上の軽自動車】

燃費性能に応じたグリーン化特例(軽課)を導入します。

〔※1〕電気自動車および天然ガス自動車

〔※2〕乗用:平成32年燃費基準+20%達成車

     貨物:平成27年燃費基準+35%達成車

〔※3〕乗用:平成32年燃費基準

     貨物:平成27年燃費基準+15%達成車

原動機付自転車・小型特殊自動車の登録・廃車の手続き

手続先

【古河庁舎】市民税課       電話0280-22-5111(代)
【総和庁舎】市民総合窓口課   電話0280-92-3111(代)
【三和庁舎】市民総合窓口室   電話0280-76-1511(代)


登録の手続

 購入したとき、譲り受けたとき、または古河市へ転入したときは、登録の手続きが必要です。

手続きの際は次のものを用意して「軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(原動機付

自転車・小型特殊自動車)」に記入押印のうえ、上記手続先に提出してください。手続終了後、

標識(ナンバープレート)と標識交付証明書を交付します。


【手続に必要なもの】

・印鑑(法人の場合は社判または代表者印)

・販売店で購入した場合 … 販売証明

・他人から譲り受けた場合(名義変更) … 廃車申告受付書・譲渡証明書

・古河市に転入してきた場合 … 廃車申告受付書


廃車の手続

 車を所有しなくなったとき、譲った(売却した)とき、古河市から転出するとき、盗難にあったとき

などは、廃車の手続が必要です。手続の際は次のものを用意して、「軽自動車税廃車申告兼標

識返納書(原動機付自転車・小型特殊自動車)」に記入押印のうえ、上記手続先に提出してくだ

さい。手続終了後、廃車申告受付書を交付します。


【手続に必要なもの】

・印鑑

・標識(紛失した場合は弁償金300円が必要です)

・標識交付証明書(紛失した場合は申し出てください)

・盗難に遭い届け出た場合 … 盗難届の届出警察署名、届出日、被害年月日、受理番号

軽自動車税廃車申告兼標識返納書

排気量125ccを超えるオートバイ・軽自動車(軽三輪・軽四輪)の手続先

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 財政部市民税課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-5568

お問い合わせフォーム


軽自動車税についてへの別ルート