メニューの終端です。

平成30年度償却資産(固定資産税)の申告について

[2017年12月1日]

平成30年度償却資産(固定資産税)の申告について

固定資産税の対象となる償却資産をお持ちの人は、地方税法第383条の規定により、

毎年1月1日現在の償却資産の状況を申告していただくことになっています。

 つきましては『平成30年度償却資産(固定資産税)申告の手引き』を参照の上、申告

書等を作成いただき、ご提出をお願いします。

償却資産とは

個人の事業者や法人が所有する「事業の用に供することができる」資産のことで、

土地や家屋と同様に固定資産税が課税されます。

 これは主に、法人税法または所得税法の規定による所得の計算の際に減価償却

を行う資産(減価償却済資産を含む)となります。

申告が必要な人

平成30年1月1日現在、古河市内に償却資産を所有している全ての人です。

なお、前年中に資産の増減がない人、廃業・転出等の事由により古河市内に

償却資産を所有しなくなった人も必ず申告してください。

 また、課税標準額の合計が150万円未満の人も申告が必要となります。

申告期限

平成30年1月31日(水曜日)

申告先

持参する場合

イ 古河庁舎資産税課

ロ 総和庁舎市民総合窓口課

ハ 三和庁舎市民総合窓口室

郵送する場合

  古河市役所(古河庁舎)資産税課

  〒306-8601 茨城県古河市長谷町38番18号

  ※申告書(控用)の返送を希望される場合は、必ず切手を貼付した返信用封筒を同封してください

電子申告について

古河市では、地方税電子申告システム「eLTAX(エルタックス)」による電子申告サービスを実施していますので、ご利用ください。

 「eLTAX」のページはこちら

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 財政部 資産税課
電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-5568

平成30年度償却資産(固定資産税)の申告についてへの別ルート