メニューの終端です。

古河駅東部地区の宅地販売(保留地販売)

[2017年6月27日]

古河駅東部地区の宅地(保留地)を販売しています

 古河駅東部土地区画整理事業保留地を先着申込順により販売しています。

 保留地の購入を希望する人は、「保留地販売案内書」および「物件調書」を十分に確認したうえで購入の申込をしてください。

販売物件案内図

保留地一覧
No.画地番号面積平米単価売却価格
 1172-23,25 180.66 平方メートル(約55坪) 46,600円8,418,756円 
2165-12,18 239.28平方メートル(約73坪)40,800円9,762,624円
3165-8 165.26平方メートル(約50坪)49,800円 8,229,948円
 4 168-1,13 165.52平方メートル(約50坪) 45,500円 7,531,160円
 5 168-12,14 165.52平方メートル(約50坪) 44,100円 7,299,432円
 6 168-11 208.52平方メートル(約63坪) 42,700円 8,903,804円
 7 164-3 230.68平方メートル(約70坪) 56,900円 13,125,692円

【用途地域】番号1~6:第一種住居地域(建ぺい率60%/容積率200%)

       番号7:第一種低層住居専用地域(建ぺい率50%/容積率100%)

画地ごとの詳細な図面や、法令の制限および特記事項については、次の保留地売却物件調書でご確認ください。

保留地売却の流れ

1 物件の選択および確認

   ・あらかじめ購入を希望する保留地(現地)の確認を行っておいてください。

   ・現地での個別説明は行いません。

2 買受申込書の提出

   ・「保留地買受申込書」に必要書類を添付して、申込してください。

   ・ご希望の保留地が売却済みの場合があります。

3 申込資格の審査と売却の決定

   ・市は、提出された申込書類を審査し、申込資格の適否について決定します。

   ・市が売却を決定した場合は、「保留地売却決定通知書」を送付します。

4 契約保証金の納付と売買契約の締結

   ・市の指定する納付期限までに、契約保証金として契約金額の100分の10(10%)以上の金額を納付していただきます。

    その後、保留地売買契約の締結となります。

5 契約金額の納付

   ・売買契約を締結した日から60日以内に、契約金額の全額を納付していただきます。

   ・すでに納付した契約保証金については、契約金額に充当することができます。

6 物件の引渡し

   ・市が契約金額の完納を確認した後、「保留地引渡書」を交付します。引渡書の交付をもって保留地の引渡し

    (現状有姿での引渡し)となります。

   ・保留地の引渡しが済んだ後は、使用収益を開始することができます。

   ・税金(不動産取得税、固定資産税等)、公共料金(上下水道、電気、ガス等)は、購入者の負担となります。

   ・建物等を建築する際は、建築確認申請前に区画整理課に申請、届出が必要です。


申込資格等

 (1) 申込資格

   保留地の買受けを申込むことができるのは、次のいずれにも該当しない人です。

 ■ 契約行為のできない人

  (ア) 成年被後見人、契約行為につき同意を得ていない被保佐人および被補助人

  (イ) 未成年者(法定代理人、未成年後見人において未成年監督人の同意を得た人および既婚者を除く。)

 ■ 古河市暴力団排除条例(平成23年条例第32号)第2条第1号~第4号の規定に該当する人

  (ア) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団

  (イ) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員

  (ウ) 茨城県暴力団排除条例第2条第3号に規定する暴力団員等

  (エ) (ア)~(ウ)に該当する人と社会的に非難されるべき関係を有する人(暴力団関係者)

 ■ 市長が買受けの申込みを不適当と認める人

  (ア) 破産者で復権を得ない人等


 (2) 申込条件

   原則として、指定された期日までに確実に契約金額の全額を納付できる人

  (保留地売買契約を締結した日から60日以内に契約金額の全額を納付できる人)


申込方法

 (1) 申込受付

 ■ 受付期間 窓口にて申込みの受付をします。(土、日曜日、祝日を除く。)

 ■ 受付時間 午前8時30分~午後5時15分まで

 ■ 受付場所 〒306-0198 古河市仁連2065番地 古河市役所三和庁舎 2階 区画整理課


 (2) 必要書類

   「保留地買受申込書」(様式第7号)に次の書類を添付して申込してください。

     ※代理人が申込む場合は、委任状が必要です。

■ 添付書類(個人の場合) ※ (2)~(6)は、申込日から3か月以内に発行されたものが必要です。
 (1) 暴力団排除に関する誓約書(別記様式1)
 (2) 印鑑登録証明書
 (3) 住民票の写し(本籍の記載があるもの)
 (4) 市町村税の納税証明書(該当税目すべての記載があるもの)または非課税証明書
 (5) 成年被後見人、被保佐人、被補助人として登記されていないことの証明書
 (6) 身分証明書(本籍地の市区町村が発行するもの)

 ※ 共同で申込する場合、(1)~(6)の書類は、申込者全員分のものが必要です。


■ 添付書類(法人の場合) ※ (2)~(4)は、申込日から3か月以内に発行されたものが必要です。

 (1) 暴力団排除に関する誓約書(別記様式1)

 (2) 印鑑登録証明書

 (3) 登記事項証明書(全部事項証明書)

 (4) 市町村税の納税証明書(該当税目すべての記載があるもの)または非課税証明書

※(4)の書類は、本店所在地および古河市における課税分


申込に当たっての注意

  ○ 買受けを申込む前に、あらかじめ希望する物件(現地)の確認をしてください。

    現地確認の際は、周辺住民の迷惑とならないよう十分に配慮してください。

  ○ 売買契約の相手方は、保留地買受申込書に記載された申込者となります。複数人の共有名義で申し込む場合は、

    共有持分等を十分に協議しておいてください。

  ○ 申込書および添付書類は、返却いたしません。

  ○ 保留地購入代金の借入(住宅ローン等)を検討されている場合は、事前に金融機関等と十分に協議したうえで申込してください。

  ○ 保留地売却決定後の申込内容の変更または取下げは原則できません。

保留地販売案内書

若者・子育て世帯定住促進奨励金について

保留地を購入した人で、一定の要件に該当する人は、最大で150万円の奨励金が交付されます。

・ただし、保留地を購入する人すべてに150万円全額の交付を約束するものではありません。

詳しい内容は、下記のいずれかに問い合わせていただくか、下記ホームページをご覧ください。

1.若者・子育て世帯定住促進サポートセンター(電話番号02800-33-3201)

2.企業誘致・定住促進室(電話番号0280-22-5111)

「企業誘致等に伴う若者・子育て世帯定住促進奨励金」のページ(別ウインドウで開く)(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 都市建設部区画整理課

電話: 0280-76-1511(三和庁舎・代表)

お問い合わせフォーム