メニューの終端です。

平成30年4月1日から子どもの医療費が無料になります

[2017年12月18日]


古河市では、平成30年4月1日受診分から子どもの医療費の無料化を実施します。

子どもの医療費無料化について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

対象者


古河市に住民登録があり、健康保険に加入している子ども(出生の日から中学3年生まで)が対象となります。



助成の受けかた

茨城県内の医療機関等で受診する場合


医療機関では、これまでどおり県基準の自己負担額をお支払いいただき、後日、指定の口座に返金します。(申請の必要はなく、自動振り込みします。)(注1)

なお、医療福祉費決定通知書(はがき)は省略させていただきます。

※自動振り込みについては、診療月の3カ月後を目安に行います。(審査の都合上、前後する場合があります。)


県基準の自己負担額について
年齢外来 入院 自己負担額

0歳~15歳

(中学3年生※)

1日600円月2回まで 1日300円月3000円まで 

なし

※県内医療機関では、一度自己負担額をお支払いください。

後日登録されている口座へ振り込みます。

※15歳に到達した最初の3月31日まで


(注1)以下の場合は、市役所窓口で申請が必要になります。

  • 診療が月に1回のみで,自己負担額が600円未満のとき(医療機関ごと)
  • 診療が月に2回で,1回目600円未満,2回目も600円未満のとき(医療機関ごと)



茨城県外の医療機関等で受診する場合(従来どおり)


「マル福受給者証」または「マル古受給者証」は使用できませんので、医療機関等の窓口では健康保険証のみで受診し、一部負担金を支払い後、


  • 保険診療分の内訳が記入された領収書(1カ月ごと)
  • 被保険者証
  • 印鑑
  • 保護者名義の金融機関の通帳
  • マル福受給者証またはマル古受給者証


を持参のうえ、国保年金課窓口で支給申請をしてください。



お問い合わせ


  • 古河庁舎

    国保年金課 電話0280-22-5111(内線1004・1007)




ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 生活安全部国保年金課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-5288

お問い合わせフォーム


平成30年4月1日から子どもの医療費が無料になりますへの別ルート