メニューの終端です。

市税の延滞金

[2018年1月1日]

市税の延滞金

延滞金とは

市税を期限内に納めていただけない場合は、本来納めるべき税額のほかに、延滞金もあわせて納めていただくことになります。

延滞金は、納期限の翌日から納付の日までの日数に応じて、税額に延滞金の割合を乗じた金額になります。

延滞金の割合

納期限の翌日から1箇月を経過する日まで

納期限の翌日から1箇月を経過するまでの期間については、原則年7.3%の割合になります。

平成26年1月1日以降の期間は、年7.3%と特例基準割合+1%のいずれか低い割合となります。

平成30年中は年2.6%になります。

納期限の翌日から1箇月を経過した日以後

納期限の翌日から1箇月を経過した日以後については、原則年14.6%の割合になります。

平成26年1月1日以降の期間は、年14.6%と特例基準割合+7.3%のいずれか低い割合となります。

平成30年中は年8.9%になります。

特例基準割合

特例基準割合とは、各年の前年に租税特別措置法第93条第2項の規定により財務大臣が告示した割合に年1%の割合を加算した割合をいいます。

平成30年中は1.6%になります。

 
特例基準割合・延滞金割合の推移
期間 特例 延滞金
基準割合 納期限後 納期限後
  1箇月以内 1箇月以降
平成11年12月31日以前 - 7.30% 14.60%
平成12年1月1日~平成13年12月31日 - 4.50% 14.60%
平成14年1月1日~平成18年12月31日 - 4.10% 14.60%
平成19年1月1日~平成19年12月31日 - 4.40% 14.60%
平成20年1月1日~平成20年12月31日 - 4.70% 14.60%
平成21年1月1日~平成21年12月31日 - 4.50% 14.60%
平成22年1月1日~平成25年12月31日 - 4.30% 14.60%
平成26年1月1日~平成26年12月31日 1.90% 2.90% 9.20%
平成27年1月1日~平成28年12月31日 1.80% 2.80% 9.10%
平成29年1月1日~平成29年12月31日 1.70% 2.70% 9.00%
平成30年1月1日~平成30年12月31日 1.60% 2.60% 8.90%

延滞金の計算方法

計算式

延滞金は次の式で計算します。

延滞金=税額×延滞日数×延滞金の割合÷365日。うるう年でも365日で計算します。

税額

税額は、滞納している税目・期別ごとの金額です。

税額が2,000円未満の場合、延滞金はかかりません。税額に1,000円未満の端数がある場合は切り捨てます。

延滞日数

延滞日数は、納期限の翌日から納めた当日までの日数です。

延滞金を計算するときには、納期限の翌日から1箇月を経過する日までの日数と1箇月を経過した日以後の日数に分けて計算します。

端数処理

計算した結果の金額が1,000円未満の時は、延滞金はかかりません。

計算した結果100円未満の端数がある場合は端数金額を切り捨てます。

延滞金の計算例

固定資産税の延滞金の例

平成28年度固定資産税第1期(納期限:平成28年4月30日)の税金100,000円を平成30年5月31日に納付した場合の延滞金

期間A(2.8%):平成28年5月1日~平成28年5月31日までの31日間(納期限1箇月以内)

期間B(9.1%):平成28年6月1日~平成28年12月31日までの214日間(納期限1箇月以降)

期間C(9.0%):平成29年1月1日~平成29年12月31日までの365日間(納期限1箇月以降)

期間D(8.9%):平成30年1月1日~平成30年5月31日までの151日間(納期限1箇月以降)


計算式

期間A:100,000円×2.8%×31日/365日≒237円

期間B:100,000円×9.1%×214日/365日≒5,335円

期間C:100,000円×9.0%×365日/365日=9,000円

期間D:100,000円×8.9%×151日/365日≒3,681円

延滞金額

それぞれの計算結果を合計します。

237円+5,335円+9,000円+3,681円=18,253円

100円未満の端数を切捨てした18,200円が延滞金になります。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 財政部収納課

電話: 0280-22-5111(古河庁舎・代表) ファクス: 0280-22-5113

お問い合わせフォーム


市税の延滞金への別ルート