メニューの終端です。

平成30年度県民交通災害共済の加入受付を開始します

[2018年1月11日]

2月2日(金曜日)から出張受付を実施します

 平成30年度の出張加入受付を次の日程で実施します。現在加入している人も3月31日で共済期間が満了となりますので、引き続き加入する場合はお申込みください。
出張受付日程
 期  日 場  所 対象地区 
 2月2日(金曜日) 中田公民館 ホール 古河地区
 2月6日(火曜日) はなももプラザ 2階会議室 〃
 2月9日(金曜日) 古河東公民館 2階会議室 〃
 2月15日(木曜日)・16日(金曜日) 古河庁舎 1階西側フロア 収納課となり 〃
 2月19日(月曜日)・20日(火曜日) 三和庁舎 1階市民ホール 三和地区
 2月23日(金曜日) 三和農村環境改善センター 研修室 〃
 2月27日(火曜日)
 中央公民館 1階会議室
 総和地区
 3月2日(金曜日) つつみ公民館 1階ロビー 〃
 3月5日(月曜日) とねミドリ館 サークル室 〃
 3月6日(火曜日)~随時 防災交通課(総和第1庁舎 2階)
 古河庁舎 市民総合窓口室
 三和庁舎 市民総合窓口室
 全地区

出張受付時間

 午前9時30分から午後4時まで

県民交通災害共済制度とは?

 茨城県全市町村が共同で運営しており、住民の方であればどなたでも加入することができ、会員が交通事故によりケガや死亡等の災害に遭われた場合に見舞金をお支払いする相互共済制度です。会員になることで交通安全の意識を一層高めるとともに、万が一の交通事故に備えてご家族みんなで加入しましょう。

加入できる人

 古河市に住民登録している人
 ※年齢・健康状態を問わず、どなたでも加入できます。ただし、見舞金の対象となるのは交通事故で負ったケガに対してです。

会費(年間)

  • 一   般 900円
  • 中学生以下 500円(平成30年4月1日現在で中学生以下の人)
 ※9月30日以降は年会費の半額です

共済期間

 平成30年4月1日から平成31年3月31日まで
 ※4月1日を過ぎても随時加入できます。その場合、加入日の翌日から平成31年3月31日までが共済期間となります。

申し込み方法

 所定の申込書に世帯主名・住所・電話番号・加入する人の氏名・生年月日を記入のうえ、会費を添えて各窓口へお申し込みください。
 ※申込書は、総和第1庁舎2階 防災交通課、古河庁舎・三和庁舎 市民総合窓口室にもございます。印鑑・本人確認等不要

対象となる交通事故

  1. 自動車、バイク、自転車等、車両運転中および乗車中における事故(転倒を含む)
  2. 歩行中に走行中の車両と接触した等の事故
 ※上記交通事故の発生場所は、国内の道路上での事故が対象となります。

見舞金一覧

共済見舞金一覧表
 等級 
 災 害 区 分 
 見舞金額 
 1
 死   亡
 100万円
 2
 治療実日数181日以上の傷害 
   30万円
 3
治療実日数151日以上の傷害   25万円
 4
治療実日数121日以上の傷害 20万円
 5
治療実日数  91日以上の傷害 15万円
 6
治療実日数  61日以上の傷害 10万円
 7
治療実日数  41日以上の傷害   8万円
 8
治療実日数  21日以上の傷害     6万円
 9
治療実日数    8日以上の傷害    3万円
 10
治療実日数    3日以上の傷害     2万円
 身障
 身体障害者1級・2級該当
   50万円
※治療実日数とは、入院日数、実際に通院治療を受けた日数および往診日数をいいます。
※共済見舞金は、その災害の等級に応じて給付します。
※身障見舞金は、共済見舞金の給付を受けた会員がその交通事故が原因で、身体障害者障害程度等級表1級または2級の障害を残すことになった場合に給付します。

交通事故に遭ったら…

 すぐに警察署に届け出て、交通事故証明書を交付してもらえるようにしてください。

見舞金請求手続きについて

 1~5の書類と印鑑(朱肉をつけるタイプのもの)を持って、加入した市町村窓口(総和庁舎 防災交通課、古河庁舎・三和庁舎 市民総合窓口室)で請求してください。
  1. 会員証 受傷時、加入していたことがわかるもの。
  2. 運転免許証 免許の必要な車両を運転中の事故のとき 
  3. 交通事故証明書 自動車安全運転センター所長発行のもの ※この交通事故証明書(受傷した会員の氏名が記載されているもの)が提出できない場合は、所定の証明書(要目撃者の証明)により、見舞金は最高3万円までの給付となります。
  4. 診断書 医師の診断書、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の施術証明書が必要です。事故当初加療見込みの診断書は使用できません。また、同日に通院日または入院日が重複しているときは、1日として計算されます。
  5. 委任状 請求人(未成年者の場合は親権者)以外の人が請求する際は委任状が必要です。
 ※上記の書類のほか必要と認める書類の提出を求める場合があります。

見舞金の請求期限

 交通事故日の翌日から起算して2年以内となります。なお、請求期間経過後の請求は、無効になります。

ご意見をお聞かせください

このページは役にたちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、下記「お問い合わせ」へご連絡ください。

お問い合わせ

古河市役所 生活安全部防災交通課

電話: 0280-92-3111(総和庁舎・代表) ファクス: 0280-92-9596

お問い合わせフォーム


平成30年度県民交通災害共済の加入受付を開始しますへの別ルート