企画展・テーマ展

スポット展示「拓本でたどる文学碑めぐり」

「拓本でたどる文学碑めぐり」の展示の様子

日本全国に文学碑をはじめとする数多くの石碑が存在しますが、長年の風雪に耐えてきた古い碑の中には、碑面が摩耗してしまっているものも少なくありません。
失われてしまった碑文の研究に欠かせないものに「拓本」があります。拓本とは、碑面の文字や模様を原形のままに写し取ったもので、墨の濃淡で表わされるその簡素な美は鑑賞の対象ともなっています。
今展では、古河市内に点在する文学碑の拓本の一部を紹介します。拓本によって再現される文学碑の趣を味わっていただければ幸いです。
   (会期:4月27日~7月25日)

鷹見久太郎と絵雑誌『コドモノクニ』テーマ展示 「楽しい学び」

本田庄太郎画「今日から学校」

今回のテーマは「楽しい学び」。
新学期の登校場面を描いた本田庄太郎「今日から学校」など、学校や学びの風景を描いた原画を紹介します。
(会期:4月27日~8月22日)

テーマ展「可視化された永井路子作品」

「可視化された永井路子作品」展示の様子

「読んでから見るか、見てから読むか」
某出版社が映画製作に乗り出したときに打ち出したこのキャッチコピーをご記憶の方も多いと思います。
「読むもの」である文芸作品を「見るもの」つまり演劇や映像に変換し、新たな娯楽として楽しむということは、古くから行われてきました。
今テーマ展では、NHK大河ドラマをはじめ、テレビドラマや舞台演劇などの原作となった作品に注目してみました。
「読む」だけでなく「見て」楽しまれた永井路子作品を紹介します。
   (会期:1月4日~5月23日)

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 文学館 
所在地:〒306-0033 茨城県古河市中央町3丁目10番21号
電話番号:0280-21-1129
ファックス:0280-21-1135
文学館へのお問い合わせ