駒塚古墳(市指定文化財)

駒塚古墳

 利根川・渡良瀬川の流域には多くの古墳があったが、河川改修や耕作によって湮滅(いんめつ)していった。この古墳も耕作によって著しく変形しており、残丘部は長径16.2m、短径11.2m、高さ3.23mである。昭和59年(1984)に墳丘周辺部の発掘調査が行われ、墳丘部の裾をめぐる溝とその外側に外径40mほどの溝を確認した。 内側の溝からは、多量の縄文土器片とともに少量の埴輪片が出土していることから、古墳時代以降に掘削されたものと考えられ、外側にめぐる外径約40mの溝が当古墳の周溝であると推定される。

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 生涯学習課 
所在地:〒306-8601 茨城県古河市長谷町38番18号
電話番号:0280-22-5111(代表)
ファックス:0280-22-7114
生涯学習課へのお問い合わせ