私立幼稚園就園奨励費補助金

市では、保護者の経済的負担の軽減を目的に、一部国の補助を受け、私立幼稚園(新制度幼稚園は除く)に通園する満3歳児、3歳児、4 歳児、5歳児の園児を持つ保護者(古河市住民基本台帳に記録されているものおよびこれ以外のものであって市長が特別の事情があると認めるもの)を対象に、市民税額に応じて幼稚園の設置者が行う入園料および保育料の減額または免除措置に対して設置者に補助をしています。 現在、古河市内の私立幼稚園は全て新制度幼稚園となっておりますので、本補助金の対象ではありません。古河市外の新制度に移行していない私立幼稚園のみ対象となります。

補助基準および補助限度額【平成30年度】 (毎年変更があります。)

平成30年度古河市の補助金額は、以下の添付ファイルのとおりになります。

古河市私立幼稚園就園奨励費補助金(30年度)

注意点

  1. 市民税額は、園児の扶養義務者(父母)、それ以外の扶養義務者(※)の課税額を合算します。
    ※父母以外の扶養義務者とは
    (1)家計を主に維持している者【同一世帯の祖父母については、市民税課税額が父もしくは母よりも祖父または祖母のほうが高額な場合、父母の課税額に祖父または祖母の課税額を加算します(父母の兄弟姉妹を除く)。】
    (2)園児を市民税の算定上扶養控除の対象にしている者
    (3)園児を健康保険等において扶養家族としている者
    上記のことを総合的に勘案して判断します。
  2. 市民税額が基準以上の場合には対象になりません。
  3. 未申告の場合は対象になりませんので至急申告をしてください。
  4. 実際の支払額が補助限度額を下回るときは、当該支払額を限度とします。
  5. 途中入園の場合は、在園期間に応じて補助限度額が減額され、次の算式の額となります。
    古河市私立幼稚園就園奨励費補助金(添付ファイル)単価×(保育料の支払月数+3)÷15(百円未満四捨五入)
  6. 途中退園の場合は、在園期間に応じて補助限度額が減額され、次の算式の額となります。
    在園月数÷12×古河市私立幼稚園就園奨励費補助金(添付ファイル)単価(百円未満切捨て)
  7. 市町村民税所得割課税額については、租税特別措置法(昭和32年法律第26号)による住宅借入金等特別税額控除等の適用前の額とします。
  8. 満3歳児は、3歳の誕生日を迎えた月から月割で計算します。

補助申請の流れ

※手続きは幼稚園を通して行います。 6月下旬

子ども福祉課→幼稚園(調査票等の配布)

幼稚園→保護者(調査票等の配布)

7月中旬

保護者→幼稚園(調査票等の提出)

幼稚園→子ども福祉課(調査票等の提出)

8月下旬

子ども福祉課→幼稚園(結果通知)

9月上旬

幼稚園→保護者(結果通知)

10月

子ども福祉課→幼稚園(前期分支払)

3月

子ども福祉課→幼稚園(後期分支払) ※途中入園は随時受け付けします。

※保育料等の減額または免除措置方法、時期の詳細につきましては通園している幼稚園に問い合わせてください。

その他の注意事項

今年1月2日以降に古河市に転入した場合

氏名、課税明細、税額が記載された下記のいずれかの

平成30年度の書類を提出してください。(委任状、調査票の提出期限に間に合わない時は、後日提出してください)

  1. 「市町村民税・都道府県民税特別徴収税額通知書」(写し)
    6月ごろ勤務先から交付されます。
  2. 「市町村民税・都道府県民税納税通知書」(写し)
    6月ごろ市町村から郵送されます。
  3. 「市町村民税・都道府県民税課税証明書」
    6月ごろから住民登録(1月1日現在)していた市町村民税証明担当課で発行

古河市外の新制度に移行していない私立幼稚園設置者の方へ

古河市に住民登録がある児童とその保護者が利用している場合は、補助金の対象(一部を除く)となるため、お早めに子ども福祉課までご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 子ども福祉課
所在地:〒306-0291 茨城県古河市下大野2248番地
電話番号:0280-92-3111(代表)
ファクス:0280-92-3170
子ども福祉課へのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。