障害基礎年金

原則として国民年金に加入しているとき、けがや病気で障がい者(政令でさだめられた1級及び、2級の障がい)になったときに請求することにより支給されます。

支給を受けるためには

  1. 初診日において国民年金に加入していること。もしくは、初診日が20歳の誕生日前日以前にあること。
  2. 障がい認定日(初診日から1年6カ月を経過した日、または症状が固定した日)に障害年金の1級または2級の障がい状態にあること。(障害者手帳の等級とは異なります。)
  3. 初診日までの加入期間のうち、保険料を3分の2以上納付、または免除をしてあること。
  4. 初診日の前々月までの1年間に、保険料の滞納がないこと。(令和8年4月1日までの間の特別措置)
  5. 初診日が20歳誕生日前日以前にある場合には、納付要件はありません。

年金額

障害年金1級:年額977,125円

障害年金2級:年額781,700円

(子の加算額:18歳に達する日の属する年度末までの間の子・20歳未満の障がい者)

お問い合わせ

古河庁舎
国保年金課 電話0280-22-5111(代表)

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 国保年金課
所在地:〒306-8601 茨城県古河市長谷町38番18号
電話番号:0280-22-5111(代表)
ファクス:0280-22-5288
国保年金課へのお問い合わせ