STOP!!ポイ捨て

ポイ捨ても不法投棄です

不法投棄と聞くと、山林や空き家などに冷蔵庫やテレビを捨てていくようなイメージを持つ人がいるかもしれませんが、たばこの吸い殻や空き缶のポイ捨てであっても、不法投棄であることにかわりありません。 ごみの大きい小さいに関わらず、自分が出したごみは責任をもって、正しく処分しましょう。

ポイ捨て・不法投棄の影響

ポイ捨て・不法投棄された有害物質が、水質や土壌汚染の原因になったり、腐敗したごみが悪臭を放ったりして、生活環境に悪影響を及ぼすこともありますが、何よりも景観が損なわれ、見ていて気持ちがよいものでありません。

ポイ捨てされないためには

不法投棄は犯罪ですが、捨てた人が不明な場合、そのごみは土地所有者の責任で処分しなければなりません。 土地所有者は、日ごろから捨てられない環境づくりや土地の管理を行ってください。 対策としては、

  • 草刈りやごみ拾いをまめに行う
  • みだりに人が入らないように、柵やロープ、防犯灯を設置する
  • 防止するための看板を立てる

等が考えられます。

「古河市ごみのポイ捨て禁止条例」について

「クリーン作戦」や「市民総ぐるみ清掃」など、普段から、大変ご協力をいただいておりますが、その反面、一部の心ない人によるたばこの吸い殻や空き缶、ペットボトルのポイ捨てや山林、空き地などへの不法投棄がなくならないのも事実です。今後も「古河市ごみのポイ捨て禁止条例」により、市民の皆さんとの協働のもと、きれいで快適なまちづくりを進めてまいりますのでご協力お願いします。

ポイ捨て・不法投棄を見かけたら?

「場所」、「日時」、「投棄物の種類」、「投棄者の特徴」、「車のナンバー」などを記録して、古河市役所環境課または、古河警察署(30-0110)へご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 環境課 
所在地:〒306-0198 茨城県古河市仁連2065番地
電話番号:0280-76-1511(代表)
ファクス:0280-76-1663
環境課へのお問い合わせ