公共事業再評価

市では、国の再評価実施要領等に基づき、市の実施する国庫補助公共事業の効率性およびその実施過程の透明性の一層の向上を図るため、再評価を実施しています。 また、再評価の実施にあたっては、第三者の意見を求める諮問機関として、学識経験者から構成される「古河市公共事業再評価委員会」を設置し、この答申結果に基づき、市としての事業の対応方針(継続、休止、中止)を決定します。

再評価の対象事業

公共事業の再評価の対象となる主な事業は,次のとおりです。

  1. 事業採択時から5年を経過した時点で用地買収手続または工事に着手していない事業
  2. 事業採択時から10年を経過し継続中の事業
  3. 着工準備費が予算化された時から事業採択時までに期間が5年を経過している事業
  4. 再評価実施後5年を経過した時点で継続中または未着手の事業

再評価の視点

公共事業の再評価の対象となる事業は,以下の視点により実施します。

  1. 事業および関連事業の進ちょく状況
  2. 事業を巡る社会経済情勢の変化
  3. 事業採択時の費用対効果分析等の要因の変化
  4. コスト縮減、代替案等の可能性
  5. 市民、受益者等の意向および情勢

関連例規

添付ファイル

公共事業再評価結果

  • 古河市公共下水道(三和処理区)
  • 公共下水道事業(古河処理区)
  • 公共下水道事業(総和処理区)
  • 公共下水道事業(雷電、下山および中央排水区)
  • 磯部都市下水路事業
  • 赤松市営住宅建替事業
  • 古河総合公園整備事業
  • 大聖院牛谷線電線類地中化整備事業
  • 古河駅東部土地区画整理事業
この記事に関するお問い合わせ先

古河市 企画課 
所在地:〒306-0291 茨城県古河市下大野2248番地
電話番号:0280-92-3111(代表)
ファクス:0280-92-3088

企画課へのお問い合わせ