雀神社社殿(市指定文化財)

雀神社社殿

  流造(ながれづくり)の本殿と拝殿・幣殿(へいでん)からなる。棟札銘によれば、慶長10年(1605)、古河城主松平康長の造営である。本殿の軒を飾る木鼻(きばな)・実肘木(さねひじき)・海老虹梁(えびこうりょう)といった組物に施された唐草の装飾文様や、拝殿の大きく面を取った角柱、舟底形の天井などに桃山期の力強い気風のうかがえる古建築である。

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 生涯学習課 
所在地:〒306-8601 茨城県古河市長谷町38番18号
電話番号:0280-22-5111(代表)
ファックス:0280-22-7114
生涯学習課へのお問い合わせ