ワクチン接種についてよくある質問

更新日:2021年08月26日

新型コロナワクチンについてQ&Aを掲載します。

Q1 ワクチン接種は必ず受けなければならない?

接種を受けるかどうかは、ご自身の判断となります。

受けられる方の同意なく、接種がおこなわれることはありません。

新型コロナウイルス感染症は、かかった後に良く効く薬や治療法はまだ無く、一旦症状が治まった後の後遺症も報告されています。

ワクチンを接種することで、感染症にかかりにくくなる、かかっても症状が軽くなる効果が認められていますので、接種をご検討ください。

Q2 接種予約はいつ始まるの?

令和3年7月末時点で満12歳以上の全ての方の予約受付を開始しております。

Q3 ワクチンの種類は選べるの?

ワクチンは国から供給されますので、接種時期に供給されているワクチンを受けることになります。

現在、35の市内医療機関で使用しているワクチンは「ファイザー社製」です。

なお、県が開設する大規模接種会場(とねミドリ館)で使用しているワクチンは「武田/モデルナ社製」です。

 

Q4 接種会場はどこ?

県が開設する大規模接種会場(とねミドリ館)のほか、古河赤十字病院、古河総合病院、総和中央病院、友愛記念病院をはじめ市内の31医療機関でも実施しております。詳しくは、予約の際にご確認ください。

Q5 接種券はいつ届くの?

65歳以上:3月26日(金曜日)発送済み

60歳~64歳:6月25日(金曜日)発送済み

40歳~59歳:7月5日(月曜日)発送済み

18歳~39歳:7月9日(金曜日)発送済み

12歳~17歳:7月15日(木曜日)発送済み

Q6 ワクチンを接種した後もマスクは必要?

ワクチンを受けた方は、新型コロナウイルス感染症の発症を予防できると期待されていますが、他人への感染をどの程度予防できるかはまだ分かっていません。

また、接種が徐々に進んでいく段階では、すぐに多くの人が予防接種を受けられるわけではなく、ワクチンを受けた方も受けていない方も、共に社会生活を営んでいくことになります。

このため、引き続き、マスクの着用など、感染症対策を継続していただくようお願いします。

Q7 ワクチンは2回接種しないといけないの?

ファイザー社のワクチンは、通常1回目から3週間後に2回目を接種することになっています。1回目の接種から3週間を超えた場合、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。
武田/モデルナ社のワクチンは、通常1回目から4週間後に2回目を接種することになっています。1回目の接種から4週間を超えた場合、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。
ワクチンの効果を十分得るためにも、1回目の接種でアナフィラキシー症状などが出なかった場合は、2回目の接種をおすすめしています。

Q8 子どもはワクチンを接種することができるの?

現在、ファイザー社のワクチン及び武田/モデルナ社のワクチンは、いずれも12歳以上が接種対象となっています。接種日に満12歳以上であれば接種可能です。

Q9ワクチンを接種をすることで不妊になるというのは本当なの?

ワクチンが原因で不妊になるという科学的な根拠はありません。ワクチン接種により流産率は上がっておらず、妊娠しにくくなるという根拠も確認されていません。

※厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A参照

厚生労働省のホームページにワクチンに関する情報が掲載されています

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A (外部リンク)

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 健康づくり課 コロナワクチン対策室
所在地:〒306-0044 茨城県古河市新久田271番地1
電話番号:0280-23-2567
ファックス:0280-33-7820

ワクチン接種についてよくある質問
​​​​​​​コロナワクチン対策室へのお問い合わせ​​​​​​​