PCR検査(自費診療)の検査費用の一部を助成します

更新日:2022年04月20日

令和3年度受検分の申請は受付を終了しました

令和3年10月1日~令和4年3月31日までに受けた、PCR検査の検査費用助成金の申請は受付を終了しました。

 

令和4年度も自費で受けたPCR検査の検査費用の助成を行います

目的

濃厚接触者の近くにいた方など、発熱等の感染を疑う症状はないものの、感染の不安を抱えている方が、自費診療でPCR検査を実施した場合に、検査費用を助成することで受検者の費用負担を軽減し、新型コロナウイルスの感染に対する不安感の解消および感染者の早期発見による感染の拡大防止を目的としています。

対象者

PCR検査の受けた日及び助成金を申請する日において、古河市に住民登録をしている方

助成内容

【助成対象】

令和4年4月1日から令和5年3月31日までに保険外(自費)で行ったPCR検査

※検査の過程で医師が介在する検査に限ります。検査キットの購入などは対象外です。
※抗原(定量・定性)検査は対象外です。
※保険診療による検査は対象外です。
※対象となる検査は、リアルタイムRT-PCR法、LAMP法などの核酸検出検査が対象です。

【助成金額等】

助成金額:検査費用から2千円を差し引いた金額で、上限は2万円

助成回数:1人1回

助成方法:償還払い(受検者が医療機関に検査費用を支払った後、古河市に申請)
 

※令和5年4月10日(月曜日)までに申請してください。(郵送必着)

【申請方法】

以下の必要書類を健康づくり課宛てに郵送による申請

必要書類
・申請書兼請求書
・領収書(原本)
・診療明細書(原本)
・振込先金融機関口座確認書類(写し)
※通帳やキャッシュカードのコピーなど

申請様式

・申請書兼請求書様式(申請書(PDFファイル:99.5KB))
   申請書記載例(PDFファイル:600.2KB)

・添付資料台紙様式(添付資料台紙(PDFファイル:231.5KB))

・委任状様式(委任状(Wordファイル:17.7KB)委任状(PDFファイル:41.8KB))

※PCR検査を受検した人と申請者が異なる場合(代理申請)や口座名義人が異なる場合(代理受給)は、委任状を提出してください。※法定代理人は不要

なお、代理人については、原則として法定代理人、親族その他の平素から対象者本人の身の回りの世話をしている者といたします。

※申請書をダウンロードできない方は、健康づくり課および各庁舎の市民総合窓口課(室)において配布しています。

自費診療によるPCR検査が実施可能な茨城県内の医療機関

※助成金の対象となるのは、PCR検査のみです。

抗原検査は対象外なので、ご注意ください。

※県外の医療機関で実施したPCR検査も助成金の対象になります。

※検査結果が判明するまでの日数は、検査の予約の際に各医療機関にお問い合わせください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 健康づくり課
所在地:〒306-0044 茨城県古河市新久田271番地1
電話番号:0280-48-6882、0280-48-6883
ファックス:0280-48-6876
健康づくり課へのお問い合わせ