民法改正による成人年齢引き下げ後の古河市成人式典について

更新日:2020年11月30日

成人年齢引き下げ後も20歳を対象に式典を開催します!

民法改正に伴い、令和4年(2022年)の4月から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられますが、本市では令和4年以降につきましても、現行どおり20歳を対象に式典を開催いたします。

式典の名称は、今後、新成人による成人式典実行委員会などで意見を伺いながら検討します。

20歳を対象とする主な理由

古河市では、民法改正による影響を受ける世代とその保護者などに対して、令和元年7月にアンケート調査を実施し、その結果、9割程度の方が現行のとおり20歳での開催希望となっております。

アンケート結果をもとに教育委員会で検討を行いましたところ、現行のとおりの実施となりました。

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 生涯学習課 
所在地:〒306-8601 茨城県古河市長谷町38番18号
電話番号:0280-22-5111(代表)
ファックス:0280-22-7114
生涯学習課へのお問い合わせ