本田山遺跡出土長禄五年銘金泥板碑(市指定文化財)

更新日:2020年11月30日

本田山遺跡出土長禄五年銘金泥板碑

上大野本田山遺跡の発掘調査により出土した板碑。善性禅門が自ら生前供養(逆修)のために造立したもので、長禄5年8月16日の紀年銘を有する。天蓋・阿弥陀三尊種子・蓮座・光明真言に金泥が遺存し、二条線・枠線・法名・紀年銘・蓮座中房に朱を施している。長禄から寛正への改元は長禄4年12月21日であることから、長禄5年は寛正2年(1461)にあたる。色鮮やかな金泥が遺存すること、逆修板碑で朱が遺存すること、旧元号を使用していることなどが特徴として挙げられる。

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 生涯学習課 
所在地:〒306-8601 茨城県古河市長谷町38番18号
電話番号:0280-22-5111(代表)
ファックス:0280-22-7114
生涯学習課へのお問い合わせ